フォーカス27体験コースでの興味深いお話 -新しい知覚が生まれてくる、ということ-

 

昨日、一昨日のフォーカス27体験コースにおいて

興味深いやり取りがあったので、シェアしたいと思います。

 

今回のコースには、今までにStarLinesコースなど高いフォーカスを

ご経験された方が参加されていました。

そのような方が、今回フォーカス23~27を体験されたわけなのですが

「今回は、いつもより体験がぼんやりした感じがある」ということを

何度かおっしゃっていました。

(その方も、無事、救出活動をされたわけなのですが。)

 

これを受け坂本さんは「体験が深まったり知覚が広がっていくと、

今までに使っていない知覚を使う必要が出てきたり、新しい知覚

生まれてくることがある。このため、現状の知覚を使っている

現在のタイミングでは、知覚がはっきりしない場合もある」という

コメントをされたのです。

 

もちろん、当日の体調などの要因で知覚が異なることもありますが。

確かに上述のようなことはあります。

 

私も久々に異なるフォーカスを体験すると、

それまでとは違った知覚体験となる、ということがしばしばあります。

まさに「異なったフォーカスを体験したことで新しい知覚方法・感覚が

身に付き、体験も変わってきた」ということを実感していたので、

興味深いやり取りでした。

いろいろな知覚方法を体験・身につけることで、偏りの無い、より高い

フォーカスを知覚できる感覚が身に付くのではないかと思います。

 

さらには、この話を聴いて、似たような話を思い出しました。

 

それは「練習の高原」という話です。

この話は、かなり昔にウェイトトレーニングをしていた友人から聞きました。

「一定の練習をしていても上達しない時がある。上達の具合は、練習量に

比例するのではなく、階段状に段階的に進歩する」ということだそうです。

停滞している時期のことを平面に例え、「高原」と呼んでいるのでしょうね。

 

もちろん、私自身も経験があります。

私の場合、そのような時、深刻に考えず「継続すること」「違うフォーカスを

聴いてみること」「いつもとは違う感覚(例えば、視覚以外に聴覚、触覚

など)を試してみる」など行ってみました。

 

皆様にもご参考になるかもしれない、と思ったのでシェアさせて頂きました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA