広島のご案内:尾道市:映画や文学の街

 

尾道は、映画の街、文学の街としても有名です。

 

大林宣彦という尾道市出身の映画監督がいらっしゃって、

尾道市を舞台に、「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」という、

所謂「尾道三部作」という作品を撮りました。

 

また、大林監督ではありませんが、

対岸の向島(むかいしま)では、「男たちの大和」という映画も撮られました。

現在はありませんが、しばらくは撮影に使われた大和の砲艦がありましたね。

 

尾道市は、坂だらけの街で、そんな山道、小道の中に

ふと映画の撮影地が現れたりするような街です。

 

それから、文学の街としても有名で、林芙美子や志賀直哉が

住んだこともあるそうです。「文学のこみち」という山道があり、

そこには尾道ゆかりの作家・詩人による作品を刻んだ石碑があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA