例年以上にオクラの発芽率が良くありません。。。雨で芽が流されたのか、気温が低いのか、いろいろと考察中です。

5月17日にオクラの種を植えて以来、約1ヶ月が経過しました。

 

8ヶ所に植えたのですが、そのすぐ後に強い雨が降り、ご覧の通り、土を起こした箇所が少し陥没してしまいました。

 

種が流されていないかな、などと思いつつ待っていると・・・

2週間ちょっと経っても1つしか芽が出ていない状況で・・・種が流されている可能性を踏まえ、やむなく、

6月2日にも、5ヶ所くらい追加で種を植えてみました。

 

そして、6月19日現在、

オクラの芽は、6ヶ所から出てきました。

 

一番大きく育っているのはこれ位です。

まあ、順調と言えば順調です。

そして、4つはまだ、こんな感じの双葉です。

 

ただ。

合計6ヶ所の内、半分の3ヵ所は何と、6月2日に植えたものなのです。

ということは。

・5月17日に植えたオクラは、種蒔き後、1ヶ月経って3/8しか芽が出ておらず、

・6月2日に植えたオクラは、種蒔き後、2週間ちょっとで3/5も芽が出たということです。

 

これをどう考察するかということですが・・・

やはり最初に植えたオクラの種は、強い雨で流されたものがあったり、気温が低くてうまくいかないものがあったのでしょうかね。

前述のとおり、

6月2日に植えたオクラは、早めに、しかも相対的に高い確率で芽が出てきたことを考え合わせると、やはり一番の要因候補として「気温が低いと、芽が出にくいのかな」などと思います。

 

ただ、

押しなべて発芽率が今一つなことを考えると。

もしかしたら「昨年の実から採取した種が今一つだった」可能性もあるのかな、とも思います。

もう少し種を成熟させてから採取した方が良かったかも、ということです。

※例年だと、1ヶ月経つとほぼ全部の箇所から芽が出ていました。1ヶ月経過後に、ここまで発芽率が低いのは、多分初めてなのですよ。

 

先日のブログでも書かせて頂きましたが、

来年は、5月下旬くらいに植えてみること(というより、十分に暖かくになってから植えること)に加えて、

久々に市販のオクラの種を買ってみるのも良いのかな、などと思っています。

オクラについては、順調だと7月~10月いっぱいまで収穫し続けられますので、当ブログでも「超おすすめ」の野菜としています。

ただ、この野菜については、種蒔きしてから芽が出るまでについて、もう少し研究・観察する余地があるのかもしれませんね。

また、気づいたことがあれば書かせて頂こうかな、と思います。

今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA