花が咲き続けている【ズッキーニ】は「人工受粉」する手もありますよ。

5月10日に、

ズッキーニの苗を2本植えました。

 

途中、大雨が降って「陸の孤島」状態になったこともありましたが、その後順調に成長してくれて・・・

6月初旬時点でズッキーニの花が咲き始めました!

 

まだそれほど大きく育っていないにも関わらず、花が咲き、実が付き始めました。

そして見る見るうちに大きくなり、6月中旬には、とくに黄色いズッキーニが大きく育ち、次々と収穫できています。

 

さて、今回は、

ズッキーニの受粉に関して書いてみます。

 

ズッキーニには、雄花雌花があり、一般には蝶や虫などが媒介することで受粉できるのです。

観察してみると、ズッキーニの周りにはよく虫が飛び回っているため、おそらく無難に自然受粉できるものと思われます。

ただ、

今回植えたズッキーニは、種類の異なる2本で、まあまあお互いの距離が離れているため、受粉に失敗する可能性が無いとは言えません。

ということで、

いろいろと調べてみると、確実に受粉するためには人手で受粉させても良い(=人工授粉)ようなので、一応念のため、100円ショップでを買ってきてました。

今のところは基本的に自然受粉させていきますが・・・

ここでは、調べてみた「人工授粉の方法」、および1本試しにやってみた感触について書かせて頂きます。

下の写真をご覧ください。

左側の、根元が細い花が「雄花」です。そして、根元が太めの花が「雌花」です。

 

根元が細い花(雄花)を、花が痛まないようにやさしく、筆で花粉を撫で取り、根元が太めの花(雌花)に擦り付けると良いわけです。

ただ、

慣れない作業なので、本当にこれでうまく行っているのかよく分からないのですけどね。手ごたえが今一つなのですよ。

あまり強く撫でつけて花が取れてしまってもいけないため、まあ、これくらいの手応えでも一応は良しとしておきます。

基本は自然受粉とし、ズッキーニの実が大きくならないようならば、常時人工授粉してみます。

ということで、ズッキーニの話題は以上です。

 

さて、

ちょっとだけ他の話題です。

4月21日、「ナス、ピーマン、ミニトマト」の接ぎ木の苗を植えました。

これら野菜は順調に生育し続け、6月1日、苗を植え付けて約40日後にがなりました!

一番早く実がなったのは、ピーマンでした。

これら3種類の苗のうち、ピーマンが一番小さいのですけどね。

一番に実が付き、今も実が付き続けています。

ピーマンは今後、順調ならば10月くらいまで収穫し続けられますので、何と5ヶ月間近く収穫し続けられるのがすごいですね!

【超おすすめの野菜】の1つですよ。

 

そして、ミニトマトも黄色い実がなり始めていますので、恐らくあと数日の内には収穫し始められますし(8月下旬まで収穫できます)、

 

ナスも花が咲き、少しずつ実が大きくなってきていますので、6月下旬くらいに収穫できることでしょう(ナスも、10月くらいまで収穫し続けられます)。

 

今年は、接ぎ木の苗を購入したため、少々値が張りましたが、、、これだけ長い期間収穫できるならば、上々ではないでしょうか。

 

 

農家の方向け農業資材・肥料の通販【minotta(ミノッタ)】です!

 

☆ちなみに、家庭菜園での「おすすめの野菜など」については一連の記事となっています。 よろしければご覧ください。

ずぼらでもできる!家庭菜園でのおすすめ野菜!! -第1回-

ずぼらでもできる!家庭菜園でのおすすめ野菜!! -第2回-

家庭菜園! ちょっとだけ作るのが難しかった野菜

☆おすすめ野菜の詳しい【栽培の様子】【留意点】や季節別おすすめ野菜】について書かせて頂いています!

 記事の一覧はこちらです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA