5月17日、雨が降った後【オクラ】を植えましたが・・・その後の強雨には気をつけなくてはいけません、というお話です。

5月17日、雨の降った翌日、

【オクラ】を植えました!

 

一般にオクラの生育気温20~30℃と言われていますので、植え付け時期5月中旬~下旬くらいが良いのです(一般地の場合)。

また、

オクラの種は固い殻に覆われているため、事前に水に浸けておくと早く芽が出ると言われています。

今回は、1日半くらい水に浸しておきました。下の写真ではちょっと見えにくくて恐縮ですが、少しだけ芽が出ています。

また、オクラについては事前に水に浸けておくと良いくらいなので、やはり植え付けの前が降った方が育てやすいです。

ちなみに、この種は、昨年植えたオクラから取っておいたものです。

それから、オクラは連作を避ける方が良いです。2年続けて同じ場所に植えることは避けた方が良いでしょう。

 

さて、今年のオクラ植え付けの様子についてご紹介します。

 

1本のオクラから、結構な量の収穫ができるので、今回は8箇所だけ植えることとしました。

こんな感じで、オクラを植えるスペースを掘り起こしました。

(中心部どうしの)穴の間隔は、60センチくらいです。穴の深さ30センチくらいでしょうか。ほんとうはもう少し深く掘りたいのですけど、鍬で掘るのはこれくらいが限界ですねぇ。

さらには、穴の底辺と、穴を掘り起こした土(=後で埋め戻します)に肥料を蒔いておきます。

※ちなみに、今回はあまり肥料がなかったため、少な目に施肥していますし、穴を掘って穴の位置だけに施肥しています。肥料が豊富ならば、今回のように「植えるところだけ穴を掘る」のではなく、「畝全体を掘り起こして」肥料を混ぜると良いと思います。

そして、

穴を埋め戻した後は15センチくらいの高さの畝を作ります。

また、一箇所に4~5個の種を蒔きます。ちょっと見えにくいですが、こんな感じです。

植えた後は穴を埋め戻して、軽く手で固めておきます。

と、ここまでは順調だったのですが・・・

オクラを植え付けた翌日、強い雨が降りました。

雨が降った翌日、植えた後を見てみると・・・

 

穴を掘った後が、少し地盤沈下してしまっています。。。

 

多分種は流されていないとは思うのですが、、、今後雨が降ると水が溜まりそうですね。

取り敢えずは、少しだけ畝に土を加えて埋め戻しておき、オクラの芽が出てきたらもう少し埋め戻してみようと思います(一挙に土をかけると、種の植付け場所が深くなりすぎてしまうので、段階的に埋め戻すこととしました)。

写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、穴の周りにひびが入っており、深さ5センチくらい円形に凹んでいます。

天気予報では、(こんなにも強く降るとは思いませんでしたが・・・)雨が降ることが分かっていたので、埋め戻した後でしっかりと固めておいた方が良かったですね。

もしくは、上述の通り、全体的に「畝全体」を掘り起こしておけば、こんなにも派手に凹みが目立つことが無かったかもしれません。

まあ、万一芽が出ないような場合でも、5月いっぱいに種蒔きすればちゃんと生育してくれますので、臨機応変にやっていきたいと思います。

順当ならば、今後、10~14日くらいでが出てきます。

その後も順調に生育すれば、7月くらいから10月いっぱいくらいまで収穫し続けられます!

オクラは家庭菜園におすすめの野菜ですよ!

 

 

農家の方向け農業資材・肥料の通販【minotta(ミノッタ)】です!

 

☆ちなみに、家庭菜園での「おすすめの野菜など」については一連の記事となっています。 よろしければご覧ください。

ずぼらでもできる!家庭菜園でのおすすめ野菜!! -第1回-

ずぼらでもできる!家庭菜園でのおすすめ野菜!! -第2回-

家庭菜園! ちょっとだけ作るのが難しかった野菜

☆おすすめ野菜の詳しい【栽培の様子】【留意点】や季節別おすすめ野菜】について書かせて頂いています!

 記事の一覧はこちらです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA