テレビ番組【半沢直樹】が好調な今こそ、原作本を読む好機です!

.

今年7月より、【半沢直樹】の新シリーズがテレビ放映されています。

 

約7年ぶりの復活となりますね。

今回は、池井戸潤氏の半沢直樹シリーズより、

ロスジェネの逆襲(2012年発刊)

銀翼のイカロス(2014年発刊)

の2作を原作としてドラマ化されます。

ブログを書いている現時点では、ロスジェネの逆襲が終了したところで、4話で完結しましたね。視聴率も絶好調でした。

前作は5話分ずつで2作品を放映しましたので、今後はどうなるのでしょう? 銀翼のイカロスが6話完結となるのでしょうか、それとも前半同様4話完結となるのでしょうか。興味深いですね。

また、何話かは時間延長して放映されたとはいえ、4話で完結させたためでしょうか、7年前の作品と比べて若干、あっさりと結末を迎えたような印象はありますが・・・

オリジナル作品に登場していない大和田元常務や、半沢花さんなどの女性陣のエピソードも4話の中に盛り込む必要があったので、さぞかし構成に四苦八苦されたのではないかと推察します。

 

お馴染みの半沢直樹の「倍返しだ!」のセリフや、大和田元常務の顔芸、黒崎さんのオネェ言葉などは、「あ~これが半沢直樹だ」と改めて感じさせてくれる、水戸黄門の印籠的な雰囲気を感じさせますし、新たな登場人物の伊佐山さんの演技顔芸含みます)も大いに楽しませてもらいました。

 

とまあ、こんな感じで大いに楽しませてくれている半沢直樹シリーズですが・・・

 

このタイミングでぜひ、半沢直樹シリーズの原作本を読んでみられることをおすすめします!

 

実は私も以前、こちらこちらのブログにあるように、半沢直樹シリーズを本でも読んでみました。

なかでもロスジェネの逆襲については、登場人物・会社が多くて、結構複雑なため、巻頭に人物相関図が付いていて、時たまそれを参照しながら読んだのですけどね。面白くて一気に読んだ記憶があります。

ただ、細部については、ほとんど忘れてしまっていましたねぇ・・・

とは言え。

忘れているということは、また読んでも楽しめるということなので・・・

この機会に、また読んでみようと思います。

よろしければ皆様も、ぜひ読んでみられてはいかがでしょうか?

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA