今年の寒肥は施肥量不足?【ソヨゴ】の新芽は出ていますが、黄色い葉も目立ちます。

例年、ソヨゴに対しては、2月に寒肥を施します。

昨年(2019年)は、こんな感じでしっかりと施肥したおかげか(注:この写真の状態の後、土を埋め戻します)、

多くの新芽(=枝の先の方に生えている「黄緑色の葉」です)が出て、良い感じにソヨゴが茂ってくれていました。

 

一方、今年(2020年)2月には、ちょっと違う種類の肥料(少な目でも効果があるらしい)を撒いたところ・・・

5月初旬にはしっかりと新芽が出てくれて、鮮やかな色で目を楽しませてくれているのにも関わらず、一方で黄色い葉も目立ちます。

 

一昨年(2018年)にソヨゴの葉が結構な割合で黄色くなり落葉してしまったため、昨年(2019年)2月に寒肥を施してうまくいったのですが・・・ 

今年(2020年)はそれより黄色い葉の比率が小さいとは言え、恐らくこれら黄色い葉も落葉することでしょう。

う~む。

一昨年は明らかに施肥不足で、葉が黄色くなっていましたが、今年もちょっと施肥量が不足したのでしょうかね。

今さらながら、黄色い葉が出てきた4月頃に、元々使っていた肥料を手に入れて、追加施肥してみました。

まあ、黄色くなっていた葉が復活することはありませんが、今後少しでも黄色い葉が出現することを防げれば良いな、と思っています。

ということで、今回の教訓としては。

もしかしたら、今冬はいつもより暖かかったので、そういった気象条件なども影響しているかもしれませんが・・・

それでも私にできることは、施肥、水撒きくらいなので、、、

 

来年冬は「元々使っていた肥料」をしっかりと与えよう!

 

と考えています。

当然ながら、併せて、今夏は乾燥してきたら水撒きもしっかりおこなっていきたいですね。

今後どうなっていくかは、また本ブログに書いていきます。

 

☆ソヨゴの記事を書いています。よろしければご覧ください!

シンボルツリーとしてソヨゴを植えました!おすすめのショップもご紹介!

3月は植樹に適した時期です!ソヨゴの追加植樹と秋植えのソヨゴの様子

ソヨゴの生育状況。春になり新芽が出てきました。花も咲きそうです。

ソヨゴを最初に植えて1年経ちました。秋に赤い実がなっています。

早春の【ソヨゴ】の状況について、気づいたこと -1年経過して-

1年または1年半経ちました!黄色い葉が目立つ木には「施肥」しました。

6月になり、【ソヨゴ】の木が一層元気になりました!

晩秋の【ソヨゴ】の様子です! -1年半、または2年経って-

2019年2月:春に向けてソヨゴに施肥(寒肥)してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA