荘子も語っている、ブッダの教え的な境地【坐忘】

荘子は、「坐忘」という有名なことばを残しています。

坐忘とは、

手足や体の存在をうち忘れ、耳や目のはたらきをうち消し、この肉体から離れ心の知を追いやって、あの大きくゆきわたる自然の働きと一つになる。それが坐忘ということです。

荘子

とあります。

私はこのことばに出会い、原始仏教のブッダのことばを思い起こしました。

例えば、日本ではブッダのことばとして紹介されている「スッタニパータ」では、次のようなことばが見られます。

自己の身体を断滅することが「安楽である」と諸々の聖者は見る。

ブッダのことば

これ以外でも、膨大な数にのぼる長部教典、中部教典などの原始仏典でも、このようなことばが随所に書かれています。

すなわち、「身体、感覚、感情、理性などは本質ではない。それらに惑わされない境地にあり続けなさい」との根本的な教えがあらゆるところに見いだせます。

そして。

荘子を読んでいると、坐忘の如く、「自身の身体感覚などをうち捨て、悠久の自然の流れと一体になること」の大切さが随所で語られています。

想定されている宇宙観に違いはあるように思えますし、表現も違いますが、語られていることの本質には、大いに共通点があると思います。

それは、繰り返しとなりますが、「身体、感覚などは本質ではない」との点です。

私たちは、日常生活をしていると、「身体こそ私である」と疑いを抱くことなく思い込んでいます。

が、眠るときは肉体意識はなくとも夢を見ていますし、ヘミシンクを聴いたり瞑想すると、肉体意識が薄れ、何か別の意識が立ち現れてくることを感じます。

身体は本質ではない、なんてまったくもって怪しい話に聞こえるかもしれませんが・・・

実は案外そうではなくて、一考の余地がある考え方ではないかと思います。

それを何とかことばで表したい、と思っているのですが・・・

書いている端から、まったくもって十分じゃないな、といつも思います。

難しいです。

というより、語り尽くせることはあり得ないのでしょうね。

言語の持つ世界を超えているので。

けれども、語ろうとする意欲は大切だな、などとも思っています。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA