ワイス博士が偶然に遭遇した興味深い事実 -前世療法-

 

先日「イントゥ・ザ・ライト」スペシャルセミナーに参加した際、

ブライアン・ワイス博士の「前世療法という本が話題になりました。

 

この本は、古典(?)的な本として有名ですが、今まで読んだことはありませんでした・・・

 

が・・・遅まきながら、この本を読んでみました。

 

この本の著者のワイス博士は精神科医です。

 

ワイス博士は、ある時、キャサリンという女性の診察をしました。

当初は通常通りの療法を試みたのですが、全く良くなりません。

 

そこで、博士は催眠療法を施してみました。

そして、催眠療法により彼女の4歳頃のつらい体験に行き当たることができ、

過去の経験上、博士は彼女の治療が完了したと確信しました。

 

ところが、それでも彼女は不安、恐怖感の症状から脱することができません。

困った博士は「あなたの症状の原因となった出来事まで戻ってください」と言いました。

 

すると、彼女は紀元前1800年頃の別の生の体験等(複数の生)を語りだしたのです!

 

そのような別の生を追体験することで彼女は、

ずっと恐れていた「水」にまつわる体験をすることで

結果、現在の人生において、水にまつわる恐怖が無くなってしまったのです!

 

その後、次々と別の生を追体験することで、彼女はすっかりと治っていきました。

 

さらには、彼女の人生と人生の間(中間生)で、マスターと呼ばれる存在からの

示唆に富んだメッセージを受ける、という体験もします。

何とそのメッセージの内容は、彼女に向けてのものではなく、

博士に向けてのものだったのです!

 

彼女の別の生の話、彼女が治癒していく過程、

マスターからの深遠な話など、確かに興味深い内容でした。

 

この書籍が出版された1980年代、

このような内容を公開した博士の勇気にも感銘を受けました。

 

ただ、一点だけ、気になる点があります。

 

この本の中では、カルマは罪に対する罰である、

カルマは必ず摘み取らないといけない、など

少し恐怖感を覚える内容が語られています。

 

確かに、昔の書籍では、カルマは摘み取るべき恐ろしいもの

のように語られることが多かったように思いますし、

私も「怖いものだなぁ、何とかカルマ解消しなくては」と

思った記憶があります。

 

今、ヘミシンクをはじめ、地球生命系を超えた思想というのでしょうか、

現代の、より広い視点からは、カルマはそんなに恐ろしいものとして

語られていないような気がします。

 

ヘミシンクでも、無条件の純粋な愛、による地球生命系からの卒業が語られています。

 

この辺りは、もう少し自身でも研究、体験を進めていきたいところなのですが・・・

 

この本を読んでみても、カルマを摘み取ることについて

あまりに恐れたりすることは無いのでは、と思います。

 

そういった気になる点はありますが、それでもこの「前世療法」という書籍は

ヘミシンクによる過去世探索などの意義を語る上でも

素晴らしく示唆に富んだ書籍の一つだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA