リリース(解放)するということ -TRE-

 

これはまだ研究中なのですが、

(気功以外に)身体を使ってリリースを行う技法もあるようです。

 

ヘミシンクや気功によってリリース(解放)の効果はあるのですが、

なぜいろいろと研究するかというと、

単に、私自身が身体を使って行う技法を学ぶことが大好きで、

個人的な趣味で、いろいろと研究しているのです!

 

ここでは、TREというメソッドについて紹介したいと思います。

TREとはTension & trauma Releasing Exercisesの略であり、

日本語訳だと、「緊張・トラウマ解放エクササイズ」です。

 

このTREは、デイヴィット・バーセリ博士という方が、

アフリカ、中近東などの戦地・被災地での経験から

身体に溜め込んだストレスやトラウマを解放するために開発した身体運動です。

 

TREでは、過去のストレス・トラウマは体の緊張として筋肉に蓄積されていると考えます。

そして、身体に震えと揺れを誘発させることで、トラウマなどによって収縮した筋肉を緩め

心身のトラウマやストレスを解放していくためのエクササイズを行っていくのです。

 

少し話はそれますが、TREのような功法は、気功にもあります。

スワイショウよりも、さらにTRE寄りの功法です。

 

それは「自発功」といって、自然に任せて身体を動かす事で

身体から邪気を取り除こう、という功法です。

その人に合った身体の動きにより、その人に必要な緩みが起き、

その結果、身体の奥深くまでが緩み、邪気も発散されるという仕組みです。

 

さらに話をそらすと、世界の伝統部族のなかには、毎晩のように踊りまくる、という習慣があります。

これには、瞑想のような面もあるのですが、リリースを行なうという効果もあると思います。

 

身体を使ってストレスなどを解放する、という技法は

先人から受け継がれた知恵なのではないかと思います。

元々は、動物たちから 学んだ事なのかもしれません。

 

それから、ヘミシンクのレゾナント・チューニングで身体を震わせるということと

TREには、何となく共通性があるような気がします(今、気付きました)。

 

話をTREに戻すと、ホームページや

人生を変えるトラウマ解放エクササイズという本が参考になると思います。

 

一点気になるのは、身体を震わす際に、

合蹠(がっせき:足裏を合わせて膝を開く)の形を取り続けることです。

ずっと続けていたら、関節や筋肉を傷める可能性があるかもしれません。

力を抜く必要がありそうです。

 

もちろん私は、TREの回し者ではありません!

様々な身体技法に 関心があるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA