【アスパラガス】への再挑戦と【ニンジン】の植付けをしました! ーずぼらでもできる家庭菜園ー

 

2018年4月7日、

【アスパラガス】【ニンジン】の植付けをしました!

前日にが降り、当日も時たまが降るという、特にニンジンにとっては好都合な日でした。

 

まずは、【アスパラガス】について。

 

実は以前、アスパラガスを植えたことがあります。

植付け後、2~3年は順調に生育し収穫もできたのですが・・・それ以降芽が出て来なくなったのです・・・

冬場に施肥してみたり、すべてのアスパラを収穫せず、4~5本は残してみたつもりなのですが。。。

色々と調べてみると、アスパラガスは多くの肥料が必要とか、すべて収穫するのではなく10本くらいは残した方が良い、などの記述も見かけます。

そこまでやると、10年くらい収穫し続けるのでしょうかね。

取り敢えずは、いろいろな資料を参考に育ててみようと思っています。

さて、今回購入した苗は5本

こんな感じで、ほぼ根っ子と言えそうです。一部、白い芽が出ているようですね。

アスパラガスを植えるため、まずは直径40センチ深さ40センチくらいの穴を掘ります。スコップ出動です。

そして、一番底にたっぷりと肥料を入れます。その上に15センチくらいのをかぶせ、さらに穴の真ん中を盛り上げるような形にして上記の苗を植え付けました。

こんな感じです。

その後、その上に土を7~8センチかぶせます。

植えた位置が分からなくならないように、少しだけ土を盛り上げ、支柱を立てておきます。

その後、適宜施肥したり水を撒くことになりますね。

また、「1年目は収穫しないこと」「その後の年も春夏に収穫し過ぎず10本くらい残すこと」「秋に枯れた茎を刈ったり、冬場の施肥をすること」などをしっかりとやっていきたいと思います。

今度こそは定着させ、10年くらい収穫し続けたいですね!

その後の経過は、適宜報告したいと思います。

 

そして【ニンジン】です。

 

再三書かせて頂いているように、とにかくニンジンは芽が出るまでが勝負です!

ある程度日光が必要なので浅めに種を植え、しっかりとたっぷりと水やりすることが大切です。

雨の降る前後に植えると良い、と言われますが・・・私は、雨の降った直後に植えるのが良いと思います。

雨が降る前に植えると、実際にその日に雨が降らない可能性がありますし、予想以上の雨が降ると種が流れることもあるからです。

※まあ、雨が降った後に植えても、その後激しい雨が降ると種が流れる可能性はあります。それでも、植えてからある程度の日数があれば、少しは種が土に定着するかな、と思っています。極力根が流れないよう、種を植えた後、土を手で押さえて固めると良いです。

ちなみに、ニンジンの種はこんなにも小さいのです。

今後、植えた後、晴れた日には必ず水やりします。芽が出るまでは必ず毎日水やりします。

 

以上です。

アスパラガス、ニンジンとも、結構ケアが必要です。

しっかりと育てていきたいですね!

 

農家の方向け農業資材・肥料の通販【minotta(ミノッタ)】です!


☆ちなみに、家庭菜園での「おすすめの野菜など」については一連の記事となっています。よろしければご覧ください。

ずぼらでもできる!家庭菜園でのおすすめ野菜!! -第1回-

ずぼらでもできる!家庭菜園でのおすすめ野菜!! -第2回-

家庭菜園! ちょっとだけ作るのが難しかった野菜

 

おすすめ野菜の詳しい【栽培の様子】【留意点】や
季節別おすすめ野菜】について書かせて頂いています!

 記事の一覧はこちらです!

 

よろしければご覧ください!

ご参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA