Phaさんのことば【知識は人を自由にする】に同意です!

元ニート(今もシェアハウスに住み、スローな生活を送られていますが、本の出版などで稼ぐようになられたので、”元”が付きます)のPha(ファ)さんのことばです。

本やブログを書くのは「知識は人を自由にする」と思っているから。

いろんな本を読んだりしていくと、

「今の世の中のメインになっている価値観は絶対的なものじゃなくて、それはここ何十年かで出てきた一時的なものに過ぎない、そして世界にはもっといろんな価値観や生き方がある」

ことを知ることができる。

本というものは「自分がぼんやりと気づきかけていることをはっきりと言葉にして教えてくれる」のだ。

頭の中が整理されたり、考え方の選択肢を増やすことができたり、自分の周りの世界で当たり前とされていることを相対化できる。

本を読むことで僕は生きるのが楽になった。

Pha「持たない幸福論」 より

最終的に人は、知識をも捨て去るのでしょうが・・・ 

私たちは日常で身につけてきた信念、常識、価値観のなかに埋没し切って生きていますので、

視野を広げ、自身を相対化するために「本を読む」、もっと言えば ”ことばに出会う” ことは、きわめて大切だと思います。

私自身、本を読んできて、自身では到底考えつかない考え方・価値観などに出会い、目から鱗、自身が解放されたように思えたことが多々あります。

人と会う、何か行動することも効果的なのは完全同意しますが・・・

私の経験では、気の合う人とばかり話し勝ちだったり、安心できる慣れた行動を取り勝ちな傾向があるのではないか、などとも思います。

もちろん、本を読む場合も、自身が興味深い分野ばかりを読む傾向はあるとは思いますが、、、

そのハードルが低いというか、本の方がより簡単に新しい分野に触れることができると思います。

世間で当たり前とされていることを、窮屈だなぁと思いながら仕方なく行為していることってありませんか?

それらについての背景や経緯を知ることでそれらを相対化し、不要と判断できれば徐々に手放していきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA