2018年、早くも広島県秋季高校野球大会が始まっていますね!

 

夏の全国高校野球が終ったばかりですが、

もうすでに秋季広島県高校野球大会が開催されています!

 

2018年8月18日から10月10日(予定)のスケジュールで行われているのです。

7月の広島県大会で敗退した高校は、急いで新チームを作り上げ、大会に臨むわけですね。

本大会を勝ち進み、中国地区大会で3位以内に入れば、高い確率で翌年春の甲子園に行けるのですから、重要な大会です。

 

春の甲子園への道のりを解説すると・・・

まず地区ごとに、4チームくらいに分かれてリーグ戦を行います。基本的に各校のグラウンドなどで8月中に行われます。

そして、リーグ戦を勝ち抜いたチームが、広島県大会に臨みます。

県大会は、9~10月の土日を利用して行われます。夏の大会でお馴染みの、しまなみ球場、福山市民球場、コカ・コーラウェスト球場、呉二河球場などを利用して行われます。

この、広島県大会は、9~10月に行われることもあり、暑過ぎもせず寒過ぎもせず、程良い気候の時が多いため観戦に適していますよ!

写真は、秋の県大会の様子です。上から、三次きんさいスタジアム、東広島アクアスタジアム、しまなみ球場です。

こちらこちらのリンク先などが、昨年のの大会観戦記です。

 

さらに。

広島県大会で勝ち進んだ3チームが、中国地区大会に出場します。

※広島県で中国地区大会が行われる場合は、4チームです。2017年は広島県で行われたので、4チーム出場しました。

中国地区大会に出場する16チームのうち、勝ち進んだ2~4校が、春の甲子園大会に出場できるのです。

いやはや、なかなかに長い道のりですが・・・

これから、もう一つの熱戦が始まりますね!

今年はどんなチームが出てくるのでしょうか。

以上です。



【関連記事のご紹介です】

 

☆広島県予選、甲子園など「高校野球」について書かせて頂いています!

 しまなみ球場、やまみ三原市民球場の様子も書かせて頂いていますよ!

高校野球関連の記事(タグ)へのリンクはこちらです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA