Yoichiの意識探究と趣味の日記

広島のヘミシンク・ファシリテーターYoichiのブログ

ドライブが楽しい! 「ベタ踏み坂」など、境港市界隈の見所についてご紹介します!

time 2018/07/08

 

先日のブログで、境港市水木しげるロードについてご紹介しました。

今回は、境港市全体の見所、道中の名所についてご紹介します。

 

まずは。

松江市内から境港市へドライブする場面から。

近辺には新しい道が次々とできているようで、私の車のカーナビでは古すぎて、道なき道を行く、といった感じでした。急速に自動車道などが整備されているみたいですね。

 

こちらが、中海です。

中海は、日本で5番目に大きい汽水湖(淡水と海水が混ざっている湖)です。面積は86.2㎢で、平均水深は5.4メートルしかないそうですよ。

中海の内部には、大根島江島があります。

中海の西側から大根島に向かう場合、短めの橋を渡るとすぐ、ず~っと一本道が通っています。

知りませんでした。

その昔、中海では干拓を行なう計画があったようなので、その時に作られた道なのでしょうか。よく分かりませんが。。。海抜50センチくらいの低い場所に、真直ぐな道が通っていますよ。

到着先の大根島は、高さ42.2メートルの大塚山を中心に、緩やかに傾斜した玄武岩を基盤とした島です。

こちらは、大根島内のコンビニに停めて中海を写したものです。

そしてそのお隣が江島です。江島はほとんど矩形をしており、大部分は埋め立てて造られたそうです。北半分は工業団地です。交通量も結構多いですよ。

そしてこの江島から境港市に渡る大きな橋が、CMにもなった有名な「江島大橋」、通称「ベタ踏み坂」のある橋です。

全長1,446メートルで、勾配は6.1%、高さ44.7メートルまで登ります。

写真では、なかなかその勾配が伝わりにくいなぁ、と思うのですが、良さげな写真を何枚か掲載します。

観光名所になっているみたいで、私がウロウロしている間にも、何人もの人が写真を撮っていましたよ。

それから、当たり前ですけど、車道に入って写すのはNGですよ!

橋を横から見るとこんな感じです。横から見ると、思ったほど急勾配には見えないのが不思議ですね。

江島大橋を渡ると、しばらく走ったら境港市内となります。

ご存知のとおり、境港市は日本有数の港町です。

水木しげるロードのすぐ近くの海岸沿いにも、こんな感じで多くの船が停泊しています。

その近くには、水産市場があります。

何箇所かあるみたいなのですが、、、私が行った「境港水産物直売センター」では、7月という真夏でもカニがありましたし、他にも様々なが置いてありましたよ。

敷地内にある「さかな塾」では料理を食することができます。

そういえば。

境港市と北側の対岸を結ぶ「堺水道大橋」も目立っています。市内からは、こんな感じでよ~く見えています。

真下から見ると、大迫力です。

それから。

先日のブログでもご紹介しましたが、JR境港駅は、JR境線の終着駅です。

終点の駅って、何か風情があっていいと思いませんか。

最後に。

今回は、中海、境港市ばかりのご紹介となりましたが、この近辺には、水の都で気の良い松江市がありますね。

街を歩いていても気持ち良いですが・・・松江城、松江温泉など見所・休み処があります。

もう少し西に足をのばせば、出雲大社もありますよ!

さらにその先にある日御碕の灯台もおすすめです!

いかがでしょうか。

夏休み、それ以外のいつでも、山陰地方へのドライブは超おすすめですよ!

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

YAHOO!

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031