7月14日:境港市の【水木しげるロード】がリニューアルされ、正式公開されます! 一足先に行ってみましたので、見どころをご紹介します。

 

2018年7月14日に、

境港市【水木しげるロード】のリニューアルが完成します!

 

ご存知の方も多いとは思いますが、

水木しげるロードは、漫画家の水木しげる氏が出生直後から少年期を過ごした「鳥取県境港市」に設営された、JR境港駅から続く約800メートルの通りのことをいいます。

1993年7月に誕生しましたので、今年で25周年となります。25周年を目指してリニューアルが進められていたのでしょうね。

通りには、妖怪ブロンズ像が177体もあるそうです。

こちらのホームページを見ると、全容がよく分かりますよ。

さて。

JR境港駅から順を追って、辺りの様子をご紹介しましょう。

 

まずは、JR境港駅です。

 

JR境線の最終駅である境港駅がこちらです。

駅の終端って、何とも言えない風情がありますね。

JRの駅とフェリー乗場(みなとさかい交流館)は隣接しています。

下の写真の左下がJRの駅で、真ん中の大きな建物がみなとさかい交流館です。

立派な立派なターミナルですね。妖怪巨大壁画が描かれています。交流館のなかには、サウナもありますよ。

駅のすぐ前には水木しげる氏執筆中の像があり、気分が盛り上がります。

通りの最初の辺りには河童の泉があったり、食事処が並んでいたり、

大正川を渡ってすぐの場所に、あの有名な鬼太郎、ねずみ男たちが歓迎してくれます。

 

かなり昔に訪れたときより、かなり歩道が広くなっていますね!

そして歩道には、いろんな妖怪ブロンズ像がありますよ。

具体的にどんな像があるかは、行ってみてのお楽しみです。

通りには、鬼太郎はじめ妖怪をアレンジした様々なお店があります。

そして、水木しげるロードのかなり奥まったところに、水木しげる記念館があります。

記念館前の広場には、実物大(着ぐるみですね)の砂かけばばあがポーズをとってくれましたよ。

 

水木しげる記念館は必見です!

 

一部写真撮影可能だったので、写真も交えながら説明させて頂きます。

まずは。

水木しげる氏の作品群の展示が印象的でした。

水木氏と言うと、鬼太郎などのおどろおどろしい画風が浮かびますが・・・じつはSF作品とか端正な画風の絵を多々残されています。

長い期間、デッサンの修行をされていますし、貸し漫画業をされていた時期は驚くほどの多作でしたので、その画力には確かなものがあるのですね。

さらには、水木氏の年表も印象的でした。長々と見入っていました。

まとめるとこんな感じです。

・水木氏が妖怪の世界に興味を持つきっかけになった、というより大きな影響を与えたのんのんばあとのエピソードも印象的でした。館の前には、のんのんばあの像もありますよ。

・何度も会社に就職しようとされていますが、すぐ辞めてしまったり、クビになることが多々あったようです。会社勤めには全く向いていなかったのですね。

・水木しげるの生涯では、やはり戦争体験が大きな影を落としていると言えます。氏の作品の何割かは戦争ものの漫画です。

・生涯を通じて、世界中を旅されています。84歳時にもパプアニューギニアに行かれていますね。すばらしい好奇心ですね。

 

こんな感じです!

水木しげるロードのご紹介でした。

のうちは結構暑いかもしれませんが・・・妖怪像のライトアップがあったり、水木しげる記念館が20時まで開館(7~9月)されているようなので、海水浴の帰りなど夕方に訪問されるのも良いかもしれませんね!

いかがでしょうか!

最後に。

境港市界隈の見所についても、他ブログ記事にまとめます。

ぜひ、ご覧ください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA