ご存知ですか?あの、辛酸なめ子さんが【坂本政道さん、ヘミシンク】の取材をされて、本を書かれていますよ!

 

あの、辛酸なめ子さんが、ヘミシンク:アクアヴィジョンの坂本政道さんのことを本(漫画)に書かれています!

しかも、複数の本に書かれていますね。「辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」」と「魂活道場」に書かれています。

私はこのことを、東京:青山でヘミシンク・セミナーに参画させて頂いた際に知りました。何と、ETコンタクト・コースにも参加されていたみたいですね。

坂本さん曰く、辛酸なめ子さんって面白い方なのだそうですよ。

 

さて、これらの本の内容について簡単にご説明しましょう。

まずは、「辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」」です。

こちらは、臨死体験のお話が中心ですね。タイトルとおり、「あの世」「死後世界」に焦点をあてた本です。

坂本さん以外にも、ブルース・モーエン氏へのインタビューもありますね。

ヘミシンク関係のお話が結構書かれていて、「ヘミシンクって何?」と思われている方に参考になると思います。

また、本書は漫画と文章で構成されていて、漫画に出てくる坂本さんの似顔絵もよく似ていると思いますよ。

 

また、「魂活道場」では、扱う範囲がもう少し広く、スピリチュアルをテーマにいろいろとお話が展開します。

オーラ視、風水、占い、インドスピリチュアル旅行など、月刊ムーの人気連載を編集された本のようですね。

 

上記の通り、ヘミシンク・セミナーのときに辛酸なめ子さんの話を聴いた後、一気に何冊かの本を読んでみましたけど・・・

う~む、なめ子さんって、スピリチュアル界のスポークスマン(ウーマン)的な存在ですね! 上記2冊に限らず、結構な数のスピ系の本を書かれています。ご本人も敏感体質・気質で、霊的体験を多々されているみたいですし。

 

最後に。

本ブログタイトルのようなヘミシンクの入門として、ここでご紹介した2冊の本を読んでみるのも良いと思いますし、

これ以外のなめ子さんの本も読むことで、スピリチュアル界(?)全体をざっと俯瞰してみることもできるなぁ、などと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA