コテコテの大阪を堪能するなら!【新世界、通天閣】が良いですよ!!

 

久々に大阪に行く用事があったので、新世界辺りに行ってみました!

なかなかに刺激的でしたので、ちょっとご紹介したいと思います。

 

まず、【新世界】ってどこにあるのでしょうか?

地下鉄:御堂筋線動物園前駅の近くです。

JRの新今宮駅、阪堺線の新今宮駅、南海本線の新今宮駅などからでも近いですね。

地下鉄:御堂筋線動物園前駅を降り、1番出口を出るとすぐそばに、新世界・通天閣の看板があります。

ずんずんと進んでみると。。。

そこにはジャンジャン横丁のアーケード街があります。3メートルくらいの道幅の通りに、店が連なっています。

さらに歩いてジャンジャン横丁を抜けて左へ曲がっていくと、、、ど派手な看板・オブジェ(?)が目に入ってきます。

多分この辺りは、公園本通りとか通天閣南本通りだと思います。

例えば、こんな感じの看板が目に付きます。

オブジェ(?)はこんな感じです。

いかがですか? ど派手で面白いでしょう? 見ていて飽きませんよ。

さて、そんな景色を興味深く眺めているうちに、通天閣が見えてきます。

 

次はこの【通天閣】に入ってみます。

よく知らなかったのですが、通天閣へは、地下から入るのですね。

入ってみるとそこは、わくわくランドという食品メーカーのアンテナショップ群がありました。

通天閣へはエレベータで上がるのですが、地下でチケットを購入します。

お洒落なチケットです。大人(高校生以上)700円、5歳以上中学生までが400円で、団体割引などもあるようです。

 

地下から、エレベータを使って2階に上がります。

2階に行って驚いたのが、、、半ば強制的(?)に写真を撮ってくれて、その場で気に入ったらお金を出して購入する、というシステムがあったことです。何という商魂たくましさでしょう!

さらに2階からエレベータで5階展望台に上がるため、そこで結構並びます。

並んでいる中、キン肉マンの複製原画とか、懐かしのボンカレーやオロナミンCのポスターが貼ってあり、眺めているだけで和めますよ。

待つこと10分少々で、エレベータで5階に上がると、そこは・・・

金ピカの世界です!

そして、あのビリケンさんが鎮座されていらっしゃいます!

足の裏をかくとご利益があるって有名ですよね。

ここで少しだけ、ビリケンさんの由来について書いてみます。

何と、アメリカの芸術家ローレンス・フレッツさんが夢の中で見た像(人?)がモデルになっていると言われています。(Wikipediaを見ると、異説もあるようですけどね。)2012年より、現存の3代目になったそうですよ。

ここからの景色は下の写真の通りです。

見渡す限りビルです。多分、夜景が美しいことでしょうね。

また、別料金を支払えば、さらに上にある屋外展望台に上がることもできますよ。

5歳以上ならば入場可能で、別途500円です。

 

さて、景色などを堪能した後は、エレベータを使って降りる手がありますが・・・階段を使って降りてみるのも良いと思います。

中層階には下の写真のような通天閣庭苑という風流な庭苑があり、さらにあの「夢をかなえるゾウ:ガネーシャ像」が鎮座されていました。驚くとともに感動しましたよ。

 

さらに階段を降りると、2階です。

2階にある売店を通り抜けて、さらにエレベータで地下に降りて、またアンテナショップを通り抜けて地上に帰還、となるわけですが・・・いやいや、必然的に多くの売店を通り過ぎるような構造になっていて、再び、商魂たくましいなあと思ってしまうのでした。

今回は写真だらけのブログとなってしまいましたね。

でも、それだけ目新しいというか、面白い風景が広がっていたということですね。

どこか懐かしい感じ、ちょっぴり昭和感さえ感じるコテコテの大阪:新世界と通天閣に行ってみるのはいかがでしょうか!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA