Yoichiの意識探究と趣味の日記

広島のヘミシンク・ファシリテーターYoichiのブログ

2018年3月10日:例年より遅めに【ジャガイモ】を植えました。【小松菜】も少しだけ。 ーずぼらでもできる家庭菜園ー

time 2018/03/12

 

2018年3月10日、

少し寒い日でしたが、例年より遅め【ジャガイモ】の植付けを行いました。

品種は、キタアカリです。

ジャガイモを半分に切り、合計50個植え付けました。

種イモが50個もあると、我が家のような縦に短い畑地では、4つを作る必要がありました。

種イモは、こんな感じです。少々グロテスクな感じはしますけど、1日くらい乾かすとこんな感じになります。

腐敗を防ぐために灰をまぶす場合もあるようですが、我が家では乾かした後、そのまま植え付けます。

 

さて、改めてジャガイモを栽培する際の注意点・ポイントをまとめると。

 

・種イモは、栽培専用のものを購入する。

 

適切に消毒した種イモを植えないと、病気になることがあるようです。スーパーなどで買った、食用のジャガイモは植えない方が良いみたいですよ。

 

連作障害に気を付ける

 

ジャガイモには、連作障害に気を付ける必要があります。期間は1~2年と言われていますので、その間は同じ場所に植えないようにします。

なお、ジャガイモはナス科の植物です。ナス、トマト、ピーマンとの連作も避ける必要があります。

 

・植え付け間隔は 30センチでも大丈夫ではないかと思います(思案中)。

 

いろいろと調べてみると、ジャガイモは光を好むため、50センチくらい開けて植えた方が良い、などの記述も見かけます。大まかに言って、記事によって、植付け間隔は30~50センチくらいの幅がありますね。

まあ、我が家は畑が大きくないので・・・30センチ間隔で植え続けています。

 

・必ず芽かきを行います。

 

半分に切った種イモから、幾つもの芽が出ます。あまり多くの芽が出ると良くないので、生育の良い1本(~2本)の芽に間引く必要があります。

 

・土寄せは「必須」です。

 

ジャガイモって、種イモより上に実がなりますので・・・土寄せ(生育した実が空気に触れないよう、土をかぶせる)が必須です。

土寄せしないと、実が青くなってしまいますよ。栽培中に、2回くらいは土寄せが必要だと思います。

 

こんな感じでしょうか。

6月中旬頃、葉や茎が黄色くなり萎れてきたら、収穫どきです。

 

さて、次の野菜について。

小松菜を植え付けました。

春~夏の小松菜は、薹が立ちやすい(花が咲いたり、異質な感じの茎が出てきて、食用に適さなくなる)ため、少な目に植えて、素早く収穫しています。

今回は、畝1メートル分だけ植えましたので・・・3食分くらいでしょうかね。

植え終わりの写真は何の変哲もないため、昨秋に植えた小松菜の写真を掲載してみます。

一冬超えて、暖かくなったら急に、青々と元気になりました。

チラホラと花が咲いてきているので、すぐに薹が立ちそうです。早めに収穫します。

今回は以上です。

 

☆手ぶらで通える《貸し農園》って魅力的ですね!

 

☆ちなみに、家庭菜園での「おすすめの野菜など」については一連の記事となっています。よろしければご覧ください。
・ずぼらでもできる!家庭菜園でのおすすめ野菜!! -第1回- →本記事

ずぼらでもできる!家庭菜園でのおすすめ野菜!! -第2回-

家庭菜園! ちょっとだけ作るのが難しかった野菜

 

おすすめ野菜の詳しい【栽培の様子】【留意点】や
季節別おすすめ野菜】について書かせて頂いています!

 記事の一覧はこちらです!

 

よろしければご覧ください!

ご参考になれば幸いです。

 

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

phiten [ファイテン]!

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031