実は【ライフライン】では、「自身の側面への気づきと統合」が大きなテーマの一つである、というお話です。

 

2018年3月2日から7日まで、

千葉県のホテル一宮シーサイド・オオツカで開催された

ライフライン・プログラムのアシスタントをしてきました!

 

ライフラインでは、

6日間かけて、フォーカス23~27を中心に探索を行います。

朝から夜までみっちりと行なうので、参加された方々が親しくなりますし、お一人のご体験が他の方の参考になったり気づきにつながることも多々あります。

今回は、ゲートウェイ・ヴォエッジから一緒だった人たち(=顔見知り)が多く参加されており、概ね最初から皆様がリラックスし、和気あいあいとした雰囲気だったなぁと思います。

笑いに溢れた、あっという間の6日間でしたよ。

 

さて、ライフラインと言うと、フォーカス23~27の探索救出活動というイメージが強いと思います。

救出という文字からは、自分ではない他者を救い出すというニュアンスが強いですよね。

また、フォーカス23~27を探索する、と言うと、何やら別の場所を訪ねるニュアンスが無くはないですし。。。

※本当は、フォーカスって場所ではなく、意識の状態です。

 

実際、ターゲットを定めてどこかを探索する、というセッションはあるのですが・・・

それだけではなく、本プログラムの大きな大きな目的の一つとして、

自分の内面=自身の側面に気づき、救い出し、統合することがあります。

今回も、フォーカス23などでご自身の内面と向かいあうことで、 ---内面とは、現在抱えている感情面を含め、自身が過去から蓄積してきた葛藤、感情、怖れ、不安などに加え、ご自身の可能性・清らかな面・慈愛面など、様々な面のことです--- それらが直接ご自身の気づき、浄化につながることはもちろん、他の方のシェアがご自身の気づきにつながることも多々ありました。

これぞライフラインのみならず、ヘミシンク・セミナーにおける大きな目的の一つである、自身への気づきと統合につながる、素晴らしい一面なのではないかと思います。

笑いに溢れながらも、気づきも多く、感動に溢れたプログラムだなぁと思います。

大袈裟ではなく、心よりそう感じます。

思わずホロっとするような瞬間もありましたよ。

ぜひ、皆様にはヘミシンクの醍醐味を感じて頂きたいなあ、と思った次第です。

 

そして、次の話題です。

ちょっと会場の写真もご紹介しましょう。

こちらが会場となったホテル一宮シーサイド・オオツカの正面の様子で、

こちらが、ホテルの一室から見た海岸方面の風景です。

瀬戸内海と比べ、太平洋の波は荒めですねぇ。

 

そして。

今回のプログラム中の、とある一日が坂本さんの誕生日でした!

内緒で寄せ書きして、最終日に坂本さんにお渡ししたら、喜んで頂けましたよ!

以上です。

 

☆広島でヘミシンク・セミナーを開催させて頂いています! 

  ヘミシンクを聴く時の【コツ・要点】をつかみ、体験を深めましょう!

  詳しくはこちらをご覧ください

 

☆おすすめヘミシンクCDなどをご紹介しています!

  よろしければご覧ください。

【おすすめヘミシンクCD】カテゴリーはこちらです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA