私がキーボード入力より、Apple Pencil 入力を重宝する理由 -【12.9インチ iPad Proユーザー】が本音で語る!-

会社員時代、情報システム部にいましたので、よく、パソコン・キーボードでレポートをまとめる作業などをしていました。

なので、そこそこパソコンを使うことに慣れているのですが・・・

紙に書いて読書ノートやブログを書いた方が、考えがまとまりやすいし、内容も良く頭に入るので、圧倒的に良いなぁと感じています。

パソコンに慣れているはずなのに何でなのでしょうね?

私には間違いなく、文字を書くという作業自体が、思索がまとまりやすく、書いた内容をよく覚えていられるのです。

何でなんだろう?

いろいろと考えてみた結果、

どうもこれは、読書内容を要約したり感想を綴ることや、内面的な思いを文章にしてみること、

要するに「内面的な世界のこと」をまとめて綴るときは、手で文字に書いた方が良さそうなのだと思い至りました。

さらに、本の場合は内容を覚えやすいという効果もあるのです。

アイデア出しなども、内面の世界にアクセスするといった感じなので、やっぱり手書きが良いなあ、と感じます。

 

どうなのでしょうね??

文字を書く行為自体に、幼い頃から文字を書くことで身体に染み込んできたものがあって、文字を書くことその意味一体化しているというか・・・

キーボード入力より、はるかに思いを表現できるように思うのです。

う~ん、ちょっと意味不明な文章かもしれませんねぇ。

逆に言うと、

野球観戦、旅行をテーマとしたブログなど「外面的な世界」のことを書くときは、キーボード入力でも全く問題ないなぁと感じます。

会社の仕事なども、あくまで客観的なデータを元にレポートを書き上げるので、キーボードでも問題ないのかな、とも思います。

 

さてさて、読書ノート関係の話に戻すと・・・

 

巷でも、ペン入力に回帰するために iPad Proを購入する方もいらっしゃると聞きますし、iPad Proを使った仕事術とか、iPad Proをデザインの仕事に使う、という事例もよく聞きますね。

そういった類の雑誌も結構発売されています。

私も実際にApple Pencilで書いてみて、ほぼ違和感がないことを実感しています。遅延もほぼないですし。紙に書いているのと遜色ありません。

こちらのブログ記事に書かせて頂いているように、アクセサリを付けることが必須ですけどね。

そうすると、快適な環境が築けます。

 

まとめると私のようなブログ執筆やアイデアをまとめる作業に使われることを含め、ペンで書くことにこだわりたい方は、ぜひ iPad Pro + Apple Pencilの利用を検討してみてください!

 

以上です。

 

☆iPad Proに関する記事は、こちらにもあります。12.9インチ iPad Proの素晴らしさなどをアツく語っていますよ!

記事一覧へのリンクはこちらです。ぜひご覧ください!

 

☆Macユーザーにはおなじみ 秋葉館のオンラインショップです。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA