2017年のStarlinesⅡに参加して・・強烈で印象的な体験でした!

 

11月8日から13日まで開催されたモンロー研プログラム「StarlinesⅡ」に参加してきました! (途中参加という形になりました)

昨年はアシスタントとしてStarlinesⅡのお手伝いをさせて頂きましたが、今年は参加者として本プログラムに参加しました。

アシスタントだと、すべきことが結構あって、まったくもって落ち着いてヘミシンクを聴くことはできませんので・・・参加者として本プログラムに参加できる機会は貴重でした。

 

さて、StarlinesⅡとは?

 

「自分の内面に深く気づく旅」「自分自身の制限を取り払い、より自由になる旅」「集合意識について学ぶ貴重な機会」と言ったら良いでしょうか。。。フォーカス49やそれを超える高いフォーカスを体験できる素晴らしいプログラムで、私も大好きです。

本プログラムは、今回のメインファシリテーターを務めるフランシーン・キングによって開発されました。坂本さんが通訳をされます。

 

今回、本プログラムを受けてみて、深い深い体験をしましたねぇ。

言葉にするのが難し過ぎて、ブログにするのも少し時間が経ってしまいました。

私には、アクアヴィジョン・ホームページのプログラム説明文にもあるスターゲートを超えていく世界、I/Thereクラスタの世界などを体感(というと正確な表現ではありませんが、良い言葉が見つかりません)したことが、圧倒的に印象に残りました。

白くて、でも明るすぎず穏やかで、限りなくきめ細かく、安心で安全で安寧で安穏で静かな世界に、全くもって肉体感覚・感情などを持たず、広がり切った意識だけで浸り続けるという・・・

ずっと居続けたい世界でした。

自宅でもよくヘミシンクを聴いていますので、上記に近い状態は何度か体験していますけど、今回のプログラムではそんな状態が連発しましたので、本当にすごい世界ですよね。

本プログラムを終了し、帰宅後すぐに仕事があったのですが、1日間は十分にグラウンディングできていない感じで、何度も数字のチェックを行わなくては!という状況になるくらいでした。

まあ、これだけ高いフォーカスが連発すると、そんな感じになるのでしょうね。

 

一方で。これもアクアヴィジョンのホームページの説明文にある地球のコアとの結びつき、もっと言えばグラウンディング(地に足を付ける)面が十分でないな、とも気付かせて頂きました。

日頃、農業、運動などを行い、グラウンディングを心がけているつもりですが・・バランスという観点では不足気味なのでしょうね。

高いフォーカスを聴けば聴くほど、地球のコア系、グラウンディング系も大切にしたいな、と感じ入った次第です。

う~ん、プログラムで数日間滞在したので、もっともっと体験はあるはずなのですが、なかなか書き切れません。。。

 

ちなみに、こちらが、会場のホテル一宮シーサイドオーツカから見た海岸やプールなどの風景です。絶景です。

会場近くの釣ヶ崎海岸は、オリンピックのサーフィン会場になるはずです。

 

そして料理については。

魚・肉・野菜の3通りのメニューのどれかを、参加する前にあらかじめ選択しておきます。私は今回、魚を選択しましたよ(ちなみに、海の側のホテルなので、肉料理を選んでも、魚が出てくることも多いです。また、朝はバイキング形式です)。

こちらは、ある日の昼食です。

こんな感じで結構な量がありますので、特に朝のバイキングなどでは、食べ過ぎないという勇気(?)を持って、量を調節することが大切ですよ!

以上です。

今回はこれ位にしておきます。

ご興味をお持ちの方は、ぜひ、このようなヘミシンクを集中して聴く機会をもうけられると良いと思います、きっと様々な気づきが得られると思います!

 

☆広島でヘミシンク・セミナーを開催させて頂いています! 

  ヘミシンクを聴く時の【コツ・要点】をつかみ、体験を深めましょう!

  詳しくはこちらをご覧ください

 

☆おすすめヘミシンクCDなどをご紹介しています!

  よろしければご覧ください。

【おすすめヘミシンクCD】カテゴリーはこちらです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA