Yoichiの意識探究と趣味の日記

広島のヘミシンク・ファシリテーターYoichiのブログ

同時代の傑出した僧侶:最澄さんと空海さんについての物語 -阿・吽-

time 2017/09/24

 

阿・吽(あ・うん)

 

金剛力士像の話?

このタイトルだけだと、何かよく分かりませんね。

 

今回取り上げる「阿・吽」とは?

おかざき真理氏作の、天台宗を広めた最澄さんと、真言宗を広めた空海さんの物語です。

2017年8月現在も連載中です。

 

 

時は、奈良時代(平城京)から長岡京、平安京へと都が移り変わる時代です。

西暦800年頃です。

片や、東大寺で戒律を授けられ、正式な僧侶(官僧)として認められた後、修行期間を経て、還学僧(短期の留学僧)としてに派遣され、帰国後は比叡山、天台宗の興隆のために尽力した最澄さん

片や、在野(?)の修行僧であり、私度僧として入唐密教の教えを持ち帰り普及に努めた空海さんという、

同時代に活躍した2人の傑出した僧侶の物語です。

2人は、各々全く異なる道を歩みながらも、遣唐使として同時期に(別の船ですが)に向かいます。

2017年8月現在では、まだ帰国後の交流や決別については語られていません。

本漫画は、各エピソード部分では創作、想像が加わっているものの、大枠では史実に従って描かれています。

私自身、空海さんに関する本には目を通したことがありますが、最澄さんに関してはほとんど知らなかったので、本漫画から知れたことも結構ありました。

例えば、最澄さんは一貫してエリート街道、それも学問中心の道を進まれていたと漠然と思っていましたが、官僧になった後、12年以上比叡山に籠って修行されていた期間があったのですね。

その後、官に登用されていることから、官に反旗を翻したということでは無かったようですが、超エリートコースにそのまま乗っかることはしなかったのです。

恥ずかしながら、このようなことは知りませんでした。と同時に、もう少し詳しく調べてみたくなりました。

また本漫画では、2人の僧侶が主人公とは言え、当時の世相、すなわち遷都が行なわれていた時代、南都六宗・朝廷などの勢力争いの状況についてもしっかりと描かれていると思います。

この点も見所ですね。

以上です。

歴史漫画を読むことで歴史の流れを知ることができたり、人物や時代への関心が深まったりしますので、おすすめですよ!

 

☆厳選のおすすめ漫画についてまとめてみました。

・【おすすめ漫画】のリンクはこちらです!

・【個々のおすすめ漫画】についてのリンクはこちらです。
 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

スティックPC

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930