Yoichiの意識探究と趣味の日記

広島のヘミシンク・ファシリテーターYoichiのブログ

「お金の心配・不安」を手放す(なくす)ために。 -クレジットカード利用時の【リボ払い】には注意しようというお話です。-

time 2017/08/18

 

先日のブログで私は、クレジットカードを使用する方が、現金使用時より金払いがよくなる(=金遣いが荒くなる)というお話をさせて頂きました。

今回は、クレジットカード利用時のリボ払い(リボルビング払い)について書かせて頂きます。

クレジットカードを持っていると、よくリボ払いの案内が届きませんか?

この「リボ払い」ってどんな仕組みなのでしょうか?

 

リボ払いとは?

 

毎月、あらかじめ決めておいた一定金額を支払っていく方式です。

 

例えば、毎月5千円を返済に充てると決めていたら、クレジットカードでいくら使っていても(=上限はありますが)、毎月5千円だけ返済していくのです。

何ヶ月で返済するかは決まっていません。

返済残高が無くなるまで、利子を含めて毎月定額を返済し続けるのです。

※これが月賦との違いです。月賦では、個々の買い物に対して決まった月数で返済していきます。

※これは基本パターンです。定額で払う方式以外に、残高に応じた定率を返済したり、段階的に返済額が決まる方式もあります。

お金があまり無いときにはありがたい仕組みかも知れませんね。

けれども。

この仕組みを見ると、リボ払いってお金を使っているという気になりにくい要注意の仕組みだなぁ、思わずお金を使い過ぎそうな仕組みだなぁ、と思います。

なぜならば、

リボ払いを使うと、毎月同じような金額を返済しているため、買い物を繰り返しても借金が膨らんでいることが分かりにくいのです。

返済総額がいくらになるのか、利息がいくらかかるのか、いつまで返済するのか、も分かりにくいのです。

一般に、リボ払い時の金利は高いです。

その高い金利が、未払いの金額に対して掛かってくるため、月々の支払額を低めにしておくと、なかなか未払い金額が減らず、長期間になる程、ずーっと利息を払い続けている状態となるのです。

※このような場合、月々の支払額を高く設定し、短期に返済することが大切です。

 

クレジット会社側から見ると、未払金が増えるほど利息を多く取れるので好都合なのでしょうが・・・

私たち消費者側にとっては結構危なっかしい仕組みだと思われませんか。

月々の返済額を抑えたい人にとっては、一見ありがたい方式ですけど、つい使い過ぎてしまう危ない仕組みだなぁ、と思います。

実際に、リボ払いがきっかけで返済が苦しくなった人の話を聞く機会があります。まあ、直接ではなくてニュースだとか本だとかインターネット経由で聞いた話なのですけどね。

そのようなニュースに触れる機会が多いため、単なるうわさ話ではないと思います。

要注意ではないでしょうか。

 

☆お金について知ることで、お金の心配・不安を減らし、【普段はお金のことを忘れられる】といいな!と思い、ブログを書かせて頂いています。

.
 お金の記事へのリンクはこちらです。

 よろしければご覧ください。ご参考になれば幸いです。

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

YAHOO!

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031