Yoichiの意識探究と趣味の日記

広島のヘミシンク・ファシリテーターYoichiのブログ

実は私たちは、「ブランド」や「価格」を食べている!というお話です。

time 2017/07/22

 

まあ、正確に言えば、

私たちは「ブランド」「価格」を見て、モノ/サービスを消費している、

 

ということですね。

 

このことは、多くの方が実感されていると思います。

同じ生地でできたほとんど同じデザインの服、ほとんど同じ成分の飲料、ちょっと味わっただけでは違いがよく分からない食べ物・・・

これらに有名なブランド名、高い価格がついていると私たちは、「ブランド品=良いモノ」「高い価格=高品質」と思い購入します。

テレビでも、名を伏せて「高級品・高価格なものと、普及品を判別させる」番組をやっていますよね。

さらには、ほぼ同じ色のマニキュアについて、お洒落な名前を付けるかどうかで、色自体にも違いがある様に感じ、人々は好ましい名前の付いた方を選ぶ、という研究・実験結果もあったりします(シーナ・アイエンガー教授の「選択の科学」P.176~)。

 

このように私たちは、一見本質的ではないような「イメージ」でモノ/サービス(以下、単にモノと書きます)を購入する性質があります。

そのことをよく分かっている企業は、日夜イメージアップのための広告・宣伝をし、ブランド名確立のために努力し、商品やサービスの価格設定に注意を払うのです。

もっとも、

私たちお客側の人間が、ブランドや価格でモノを選ぶのは、意外と理にかなっているのです。

そのモノに関する情報や体験が乏しい場合、ブランド名や価格を指標として、品質などを推し測っているのです。

ひと昔前(まあ、今でもありますけど)だと、「安かろう、悪かろう」という世界がありましたので、モノを見分ける有力な術だったのは確かですね。

現代社会ではモノの質が著しく向上しており、品質の差異が少なくなったため、無形のイメージ(ブランド、価格)が相対的に高い位置を占めるようになったとも言えますね。

 

ただ、やはり、ほとんど質が変わらないものに高いお金を支払うのは、なかなかにツラいので・・・何とか安くて良いモノをつかみたいものですね。

 

そんなとき、どうするか?

 

その一つが、口コミ(評判)を使うことですね。

現代社会ではインターネットが発達していますから、比較的容易に評判を手に入れることが可能です。それゆえ、それを逆手に取るような輩もいらっしゃるようですが・・・

信頼できる人を見つけて、その人の口コミを利用するのは、良い手段だと思います。

 

それから、ちょっと話がズレますけど・・・

現代社会では「感覚」「欲」に訴えかける巧みな広告・宣伝に満ち溢れていますよね。

「安くて良いモノ」をつかむ以前に、「本当に必要なモノだけ購入する」ようにもしたいものですね。

 

そのためには・・・

 

多くの情報に接し過ぎないことですかね。

 

さらには。

 

広告・宣伝に接して購買意欲が高まって来ても、一旦それを保留する。数日寝かした後、それでも欲しいかどうか自問してみる、というのも良いでしょうね。

 

こんな感じでしょうか。

巧みな広告・宣伝に乗ったり、(本文内では言及しませんでしたが、)周りの目などを気にして、高すぎるものはもちろん、不要なモノを購入しないようにしたいものですね。

などと考えました。

 

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

スティックPC

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31