Yoichiの意識探究と趣味の日記

広島のヘミシンク・ファシリテーターYoichiのブログ

人は「個性的」で「少数派」でいたいもの。でも、「理解不能」な存在ではイヤなもの。

time 2017/07/21

 

これまで、数々の心理学研究が明らかにしてきたもの。

 

それは。

 

人は「その他大勢」と見られることに我慢できない、

 

ということです。

 

私たちは「個性的な存在、独自な存在でありたい」ということですね。

 

研究の実例をご紹介しましょう。

 

実験参加者に、小さな点をたくさん散りばめた数種類の画像を、数秒ずつコンピュータ上で見せます。そして、点の個数を推測してもらうのです。

実験参加者には、「多数派の人(80%くらい)が画面上の点の数を実際より多く答える、少数派の人(20%くらい)が実際よりも少なめに答える」という情報を伝えます。

そして、何と、参加者を回答の内容に関わらず、ランダムに半数ずつに分け、

一方のグループには回答した数が実際の数より少なめだった、もう一方のグループには実際の数より多めだったと伝えたのです。

 

すると。

多数派と言われた人たちは、大勢と十把一絡げにされたということで、自尊心をひどく傷つけられたというのです!

私たちは、「自分は他とは違う。個性的な存在だ」と思われたいのですね。

 

ただ、さらに。

この研究には、さらに興味深い話があります。

上記の実験を少し変更して、点の数を実際より多め推測する多数派と、少な目に推測する少数派にわけたことに加えて、「あまりにも異質なため、過大評価か過小評価なのか分類不能である」と告げるグループも設けました。

すると、「分類不能」と言われた人たちも大きく自尊心を低下させたのです!

 

面白いですね。

 

私たちが一番居心地が良いのは、「程良く個性的」な位置付けであり、他人から理解不能なほど、変わっていたくはないのです!

 

よ~く分かります。

私にも経験、思い当たるフシがあります。

世間でも、個性的と言われる人々をよく観察すると、それがある特定の個性的な集団=少数派に所属していることがよくありますよね。

まあ、ごく一部に分類不能と呼べそうな、超前衛的な方もいらっしゃいますけど。。。

 

要するに私たちは、「自分自身は、常にあらゆることをよく考え行動している独自な存在」だけど、他の人たちはそうじゃない「その他大勢だ」と考えているのでしょうね。

まずはこのような事実を知ることが大切で、

そのうえで日常でもゆとりを持って過ごすことで、他の方へも思いを馳せることができるのでしょうね。

 

シーナ・アイエンガー教授「選択の科学」には、このような興味深いトピックスが多々紹介されています。

ご興味をお持ちになった方は、ぜひご一読してみられるのはいかがでしょうか?

 

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

スティックPC

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31