「お金の心配・不安」を手放す(なくす)ために。 -定年を迎える【会社員】、(一般に)長い老後を過ごす【女性】のために! 直面する課題や準備事項がよく分かる本!「定年男子、定年女子」-

 

定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!

 

本書の最大の特徴は。

いわゆる「定年」「老後」と言われるご年齢の、マネー専門家男女が共同で執筆(コラボ・セミナーを元に作られているようです)されている点です。

著者のお一人、大江英樹氏65歳(執筆時)。

長年、金融会社に勤められ、定年、再雇用を経て独立・起業された方です。

さらにお一人、井戸美枝氏58歳(執筆時)。

ご本人は社会保険労務士でファイナンシャルプランナーです。旦那様が定年退職しており、一部年金を受給中だそうです。

このように、著者ご自身が定年と言われる年齢を迎え、お金、ライフスタイル、介護などの現実に直面しながら、専門知識を活かしつつ問題解決を図って行かれる点が、具体的で臨場感があって良いと思います。

 

本書は、あらゆる立場の方に向けて書かれていますが、特に著者の経歴に関係する方が読まれると良いと思います。

すなわち、

会社員→定年を迎える方。

お金や健康はもちろんですが、「孤独」という重要かつ準備が大切な心配事について書かれている点が印象的ですね。

そして、

定年と言われる年齢の女性。

一般に、女性の方は男性より長命(平成27年現在で87歳!です。ここ20年だけで5歳延びています)で、おひとり様となる確率が高かったりします。

そんな中、女性目線で、直面する諸課題と対応策について書かれています。

個人的には、「介護」について実感を持って書かれている点が印象的でした。

 

さて、上記では印象に残って点として「孤独」「介護」というトピックスを挙げましたが・・・

著者のお二人の職業は「マネー系」なので、本書の基本トピックスは、あくまでも「老後のお金」についてです。

とは言え。

本書は、老後を幸せに暮らすにあたって大切な、健康、働くということ、ライフスタイルなど幅広く言及されているなぁ、と感じました。マネーを超えた内容について言及されているということですね。

まあ、多様な項目を扱うため、深くというよりは、幅広く書かれているという印象です。

そして、タイトルに書かれているような「金持ち老後」を目指そう、という内容の本ではないですね。

重ねて書きますが、「老後の幸せ」が中心テーマだと思います。

 

☆お金について知ることで、お金の心配・不安を減らし、【普段はお金のことを忘れられる】といいな!と思い、ブログを書かせて頂いています。

.
 お金の記事へのリンクはこちらです。

 よろしければご覧ください。ご参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA