Yoichi Tsuganiのフロー日記

おすすめのヘミシンクCD -市販で唯一「向こうの世界」が体験できる!【ゴーイング・ホーム】のご紹介!-

time 2017/03/19

 

市販されているヘミシンクCDでは、使用されているフォーカスはほとんど公開されていません。

けれども。

今回ご紹介させて頂く「ゴーイング・ホーム」は、事実上、フォーカス27を利用していることが明らかになっています。

※その他には、家庭学習用ヘミシンクCD「ゲートウェイ・エクスペリエンス」が使用フォーカスを明らかにしています。

 

ゴーイング・ホームのタイトルの後ろに(患者用)とあるように、このCDは、モンロー研究所とエリザベス・キュープラ・ロス博士、チャールズ・タート博士が共同製作した、ターミナル・ケアのためのCDアルバムなのです。

CDは7枚で、11セッション(=エクササイズ)入っています。

セッションは基本的に、男性の渋い声のナレーションが入っています。

対象者が終末期医療の患者さんだということもあり、フォーカスという言葉は出てきませんし、準備のプロセスに当たるものは少しだけです。バックグラウンドにほとんどピンクノイズは入っておらず、とても静かなセッションです。

できれば、実際にセミナーに参加して、フォーカス27の聴き方を学習された方が良いですが・・・

家庭でも学習できる貴重なCDです!

注1)ヘミシンクを初めて聴く方が、いきなりこのような高いフォーカスのCDを聴かれるのは少々きついかもしれません。勿体ぶっているわけではなく・・・ 聴くたびに眠ったり、クリックアウトしてしまう可能性が高いのです。セミナーに参加されたり、ゲートウェイ・エクスペリエンス(フォーカス10,12,21)を聴かれた後で聴かれるのが良いかと思います。

注2)CDの文字の部分画像をクリックすると、CDの視聴ができます。が、ページを開くとすぐ音声が流れることがありますので、驚かれないようにしてください!

 

ゴーイング・ホーム(患者用)(Going Home – Subject)

 

☆こちらでも、おすすめヘミシンクCDなどをご紹介しています!

  よろしければご覧ください。

  【おすすめヘミシンクCD】カテゴリーはこちらです!

 

☆広島でヘミシンク・セミナーを開催させて頂いています! 

  ヘミシンクを聴く時の【コツ・要点】をつかみ、体験を深めましょう!

  詳しくはこちらをご覧ください

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

スティックPC

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031