Yoichiの意識探究と趣味の日記

広島のヘミシンク・ファシリテーターYoichiのブログ

タモリさんによる、赤塚不二夫さんへの、深い哲学的な言葉が印象に残りました

time 2016/07/07

 

今までに何度か、タモリさんについて記事を書かせて頂きました。

そして今回は久々に、タモリさんのことを書かせて頂きます。

それは、2008年、タモリさんによる赤坂不二夫さんへの弔辞について、です。

いささか古い話かもしれませんが。

当時、原稿用紙を広げているけれどそこには何も書いてなかった、と話題になりましたね。

また、「私もあなたの数多くの作品の1つです」という最後の言葉は、今後も語り継がれそうな感動的な言葉でした。

 

今回は、8分くらいに及ぶ弔辞のうち、その一部のみを取り上げさせて頂きます。

あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。

それによって人間は、重苦しい影の世界から解放され、軽やかになり、また時間は前後関係を断ち放たれて、その時その場「瞬間」が異様に明るく感じられます。

この考えを、あなたは見事に一言で言い表しています。すなわち「これでいいのだ」と。

文藝春秋:2011年1月号より

 

軽やかさ、時間は前後関係を断ち放たれて「瞬間」が明るく、など、まさに「瞬間に生きる」「瞬間に、生の息吹を感じさせる」真理の言葉だと思いませんか。

そして多分に哲学的ですね。

 

まあ、それもそのはず、タモリさんは大学の西洋哲学科に入学されています。途中でジャズバンドが忙しくなり中退されていますが。

また、ハイデガーの本を飛んでみようとしたけれど、あまりに難解で投げ出したとも言われていましたので、哲学にご関心があるのは確かでしょうね。

元々、タモリさんは、哲学的な「時間とは」「瞬間の輝き」「軽やかさ」などの問いを持ち続け、その後様々なご体験を経ることで、このような言葉が紡ぎだされたのでしょうね。

普段は脱力し切っていて自然体のタモリさんが、時折話される内容には、この弔辞含め、心底驚かされます。

素晴らしい生き様だと思います。

 

☆タモリさんの様々なエピソードについて、ブログに書かせて頂いています。

 記事の一覧はこちらです!

 

☆タモリさんについての記事をいろいろと書いています。

 よろしければご覧ください!

タモリさんの名言(1) 現代社会において何かに熱中すること

タモリさんの名言(2) 今後の日本人の生き方についてのお話

タモリさんについて書かれた本「タモリと戦後ニッポン」

きっとタモリさんが好きになる! インタビューから読み解くタモリさん

・タモリさんによる、赤塚不二夫さんへの、深い哲学的な言葉

タモリさんの【ブラタモリ】が面白い!

 

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

YAHOO!

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031