Yoichi Tsuganiのフロー日記

「カント入門」(石川文康氏):カント原書を読むための準備本・橋渡し本ともなります! -哲学者たちのおすすめ入門書-

time 2016/05/11

 

今回は、更なるカント入門書をご紹介させて頂きます。

石川文康氏による「カント入門」です。

この本は、先の記事で紹介させて頂いた貫成人氏も推薦書として紹介されています。カントの批判書などの原書を読むための準備本、橋渡し本と言えるでしょうか。

と同時にこの本は、一応の予備的で教科書的な知識、すなわち枠組みくらいは知っておいた方が取っ付きやすいように思えます。貫成人氏の本と比べ、カント特有の専門用語が頻出しますので。

アンチノミー、アプリオリ、統覚、カテゴリー、定言命法、悟性などの用語について、一通り、その関係性を含め概略を知っている人が、もう少し詳しく学ぶために紐解くと良いように思います。例えば、先述の貫成人氏の「カント」を読んだ後に読む、とか高校の教科書をサラッと読んだ後に読む、などでも良いのではないでしょうか。

特に純粋理性批判を読む際の参考になる、と感じました。

 

構成について、もう少し詳しく書いてみましょう。

例として、第一アンチノミーの解説について取り上げてみます。

 

本書ではまず、第一アンチノミー「世界は空間・時間的に始まりを有する(有限である)/有さない(無限である)」の提示から始まります。

その後、矛盾、仮象(見せかけ)などの丁寧な説明を行ないつつ、その解決を通して、空間と時間が主観(感性)の性質であって「物自体」の性質ではないという「超越論的観念論」の証明に至る道筋は分かりやすくて見事だと思います。

人間の認識の仕組みの解説を通して、 -- よく言われるような -- 純粋理性批判の主題の一つである「神、自由、魂の不死などが理性で捉えられない」こと、すなわち理性の能力の限界についても分かりやすく提示されています。

 

本書は「新書」という形式をとっており、限られた紙面なので、その内容は純粋理性、実践理性が中心となります。

カントの思想に興味がある方は、手に取って見られると良い書です。

 

☆哲学に関する関連記事のご紹介です!

 

哲人たちの解説・入門書はこちらです。

カント(貫成人氏) :時代背景を踏まえた俯瞰的な語りが分かりやすい

カント入門(石川文康氏) :カント原書を読むための準備本・橋渡し本

新しいヘーゲル(長谷川宏氏) :網羅性、総体性等が魅力的なヘーゲル入門書

ハイデガー(貫成人氏) :存在の意味を追求したハイデガーの思想を俯瞰する

ハイデガー 存在神秘の哲学(古東哲明氏) :「在る」の現実を味わう

プラトンの哲学(藤沢令夫氏) :壮大な哲学を創り上げた西洋哲学の祖

デカルト入門(小林道夫氏) :「私は考える、ゆえに私はある」だけではない

ニーチェ(貫成人氏) :従来の西洋哲学をひっくり返す「反哲学」

はじめての構造主義(橋爪大三郎) :20世紀の代表的思想を分かりやすく語る

フーコー(貫成人氏) :当たり前をひっくり返し、常識に風穴を開ける

こちらは、全体へのリンクです。

【哲人たちのおすすめ解説・入門書はこちらです!

 

哲学入門書はこちらです。

西洋哲学ブームなのでしょうね -14歳からの哲学入門-

飲茶さんによる更なる哲学入門書 -史上最強の哲学入門-

哲学史を学ぶ意味を知り、哲学史を概観する -貫成人教授の「哲学マップ」-

「考えて、知ることが哲学である」 -池田晶子さんの「14歳からの哲学」-

哲学の入門書であるとともに科学の限界についても言及 -哲学のすすめ-

哲学紹介、用語解説が参考になる:佐藤優氏も絶賛する -世界十五大哲学-

4つのポスト状況を俯瞰的に分かりやすく語る -現代思想の教科書-

こちらは全体へのリンクです。

【哲学史、哲学一般についての記事はこちらです!

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

スティックPC

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031