泊まれる本屋(図書館?)「BOOK AND BED TOKYO」って面白そうですね!

 

最近、Yahooのトップページに泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が人気で、ほぼ満室の状況が続いているとの記事が出ていますね。

私自身、読書が大好きで、本屋、図書館などの本に囲まれた空間が大好きなので気になって見てみました。

ホームページはこちらですよ

BOOKANDBED

ホームページ(http://bookandbedtokyo.com/)より一枚だけ写真を拝借させて頂きました。ありがとうございます。

 

このホテル(?)は、池袋駅近郊にあります。

上の写真をご覧ください。手前に本棚があり、後ろに就寝スペースがあります(女性が座っている場所が就寝スペースです)。

本棚には約1700冊の本があり、旅行記、食、文学、歴史、洋書、漫画などの幅広いジャンルの本が置いてあり、宿泊客は自由に本を読むことができます。ちなみに。本屋と書いてありますが、本は売られていません。そういう意味では、「泊まれる図書館」ですね。

本棚の奥に30の寝床があるのですが、ホームページの写真を見るとカプセルホテルのようですね。共有スペースや就寝スペースが密接しているため、耳栓も無料で用意されています。

トイレ、洗面所、シャワーなどは共同です。クロークやセーフティボックスが無い点は今後の課題でしょうね(代わりに、ワイヤーロックを販売されています)。

1泊3,000円のスペースと4,500円のスペースがあり、支払いは何故かクレジットカードのみのようです。また、13:00~17:00までのデイタイムユース(個室、シャワー利用不可)もできますね。(2016年1月現在)

写真の通り、ソファも多くあり、ここで本を読んでリラックスできる以外に、旅行者同士が「つながる」場としても期待できそうですね。

いつか泊まってみたいなあ、と思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA