世界に本を届けよう! -元マイクロソフト社員が設立した「ルーム・トゥ・リード」のお話です-

今回は、元マイクロソフト社員で、現在NPOルーム・トゥ・リードを創立しご活躍のジョンウッド氏によるマイクロソフトでは出会えなかった天職を取り上げさせて頂きます。

 

 

まずはこの「ルーム・トゥ・リード」の設立背景について簡単に書かせて頂きます。

 

当時、マイクロソフトのマーケティングディレクターとしてオーストラリア、中国などで猛烈に働いていたジョン・ウッド氏は、9年振りの21日間(!)の長期休暇ヒマラヤ・トレッキングに出かけます。

旅行中、ジョンはネパールのとある山小屋で、パシュパティというネパール人男性と出会います。

そこでジョンは、ネパールの教育事情  -非識字率が70%に及ぶこと、しかし国中の資金不足のため教育への投資が不足し、学校・先生・教科書などが不足しているという現実-  を知らされます。

ジョンは、ちょうどこの後、地元の学校を訪問する予定だったパシュパティに同行し、先生・スペースが不足し生徒が溢れかえる教室、そして本がほとんど無い図書館を見ることになります。

幼少時より本好きだったジョンは、帰り際、この学校に本を寄贈する、と約束してここを離れていきます。

 

このようなきっかけから、この物語は始まります。

帰ってから早速、ジョンは知り合いに向けて本の寄贈を呼びかけ、順調に本が集まります。

初めて本を送り、そしてさらに寄贈先に立ち会ったジョンの中で、この事業をもっと行っていきたいという思いが膨らみ、ついにはマイクロソフトを退職し、ルーム・トゥ・リード(当初は、Books For  Nepal)を立ち上げることになります。

 

文字通りゼロから事業を立ち上げていくのですが、ジョンの場合、

・ビジネス経験が豊富で、ビジネスモデル策定のスキルがあった

・寄付を募るために大切なプレゼンテーションのスキルが高かった

・ビジネスなどを通じた豊富な人脈があったこと、およびアメリカに寄付文化が人脈を増やすのに役立った

などの素晴らしいスキル・人脈があったことから、様々な苦労をしながらも事業を進めて行き、現在のような成功を収めたのです。

 

さらなるルーム・トゥ・リードの特徴については、次回書かせて頂きます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA