Yoichiの意識探究と趣味の日記

広島のヘミシンク・ファシリテーターYoichiのブログ

【ヨーガの哲学】ヨーガの歴史・考え方と優れた技法を俯瞰する(2)

time 2015/11/13

ヨーガのお話の続きです。

今回も、立川武蔵氏の「ヨーガの哲学も参照しながら書かせて頂きます。

 

 

前回は、ヨーガの起源から古典ヨーガの時代、について書かせて頂きました。

 

そして、時代が移っていきます。

 

社会が発達することで、

「社会と国」ということが人々にとって身近な関心事となってきました。

そのような状況の変化は、ヨーガ行者にとっても、

自らの心の制御だけでなく、自分の住む世界の構造に対しても

関心を向けざるを得なくなってきたようです。

 

要するに、インド哲学でいう「俗なるもの」に

しっかりと向かい合う様になった、ということですね。

 

このことは、「俗化」という一言で片づけられることがありますが、

むしろ「時代の要請」という側面が強いのではないかと思います。

また、当時流行っていた密教(タントリズム)の影響もあると思います。

 

さて、ヨーガの世界ではどうなったのか?

 

ハタ・ヨーガが台頭してきました。

 

これまでの「心の止滅、心をしずめる」方向から

心を積極的に使い、俗なるものとして否定されていた

身体的な修練を行なう方向になってきました。

古典ヨーガにある禁戒、勧戒なども存在しているのですが、

食事、身体浄化、呼吸法、体位法などの身体的な技法

かなり細かく制定されています。

 

また、なかなか言及されることがありませんが、ハタ・ヨーガでは、

アートマンと意の合一した状態としての「三昧」についても言及されています。

さらには、元々ハタ・ヨーガは、ラジャ・ヨーガ(古典ヨーガ)の前段階、

と位置付けられていたようですが、徐々に独立したヨーガとなっていきました。

 

現代社会では、ハタ・ヨーガがさらに特化し、

体位法がメインで、補助的に呼吸法、食事法がある、という感じでしょうか。

現代社会では完全に市民権を得て、専門道場はじめ、スポーツクラブなどに

普通にヨーガ教室がありますね。

 

もちろん一方では、古典ヨーガの流れをくむバクティ・ヨーガ(愛の道)、

カルマ・ヨーガ(行為の道)、ジュニャーナ・ヨーガ(知恵の道)なども発展しました。

が、徐々に、総合的なものから特化したものに変容していく、という意味では、

古典ヨーガからハタ・ヨーガへの流れと同じであると思います。

 

最後に。

この本では、ヨーガと初期仏教の瞑想、中観派、唯識派、密教(タントラ)、

などとの対比など興味深い記述もありますので、ぜひ参照頂ければと思います。

 

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

YAHOO!

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30