最近の図書館は進化しているってご存知ですか? -ビジネス支援などで名高い鳥取県立図書館-

 

本日も、進化する図書館について書かせて頂きます。

 

今回は、本を貸し出す、という機能を軸に

その範囲を拡大した、と言える図書館です。

 

今回紹介させて頂く鳥取県立図書館は、

全国の公共図書館関係者が回答した

「注目している図書館」ランキングで、堂々1位となっています。

 

この図書館のどこがすごいのでしょうか?

 

挙げてみましょう。

 

この図書館のコンセプトの一つとして「ビジネス支援」が挙げられます。

このように、ビジネス支援内容の紹介のホームページも作られていますね。

 

ビジネス支援の仕方、ですが

例えば、起業のための調査支援、具体的には、市場動向調査、商圏分析、

法令・判例などの資料検索を図書館員が支援したり、ビジネス相談会

セミナーの開催、アドバイザーの紹介なども行っています。

必要に応じて、産業技術センターの研究員、日本政策金融公庫の融資課長など、

キーパーソンとのマッチング(紹介)もされるようですね。

それから、このような支援を行うために、なかなか揃えにくい高価な資料なども

積極的に購入されているようです。

 

まるで商工会議所+コンサルタント+図書館の機能が合体しているようです!

 

また、「市民の為になる情報も充実」しています。

印象的だったお話をご紹介します。

 

鳥取県立図書館では、入口のところにチラシが設置されています。

チラシには、「インターネットトラブル」「多重債務」

「不当解雇されたら?」などの「頻繁には起きないけれど案外知らない」

「トラブル時などに必要な情報」の有り場所が掲示されているそうです。

 

なぜ入口に置いてあるかというと、カウンターで質問しづらいから、

という配慮なのです。

このような有用な情報を目的別に揃えられる、という点も素晴らしいし、

有用な情報の存在を知らしめること、も素晴らしいと思います。

 

さらに、素晴らしいと感じたお話をご紹介します。

 

それは。

 

図書の購入にあたり、地元書店からしか購入しないという点です。

書店の方にも積極的にプレゼンをしてもらって、有用な本の購入に

努めているという姿勢は、地元利用ということでお金も地元に落ちるし、

地域の人材の育成・活用にもつながりますね。

素晴らしいと思います。

 

一見すると、談合的な危険もありそうに思えるかもしれませんが、

何店舗かの書店で順繰りに購入されているようなので、

まあ、そのようなことは無いと思います。

 

こうしてみると、図書館にも企画力、専門知識のある人材が必要だな、

と強く感じますね。

 

図書館ユーザーとして、

ますます地域の図書館が発展していくことを願っています。

いつか、ご紹介させて頂いた図書館に行ってみたいものです!

 

なお、本記事は、図書館のホームページは勿論、

次の本も参考にさせて頂きました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA