今年も尾道市の奇祭(?)【ベッチャー祭り】が始まりますね!

 

いよいよ11月1日(日)から3日(祭)までの3日間

尾道市内【ベッチャー祭り】が開催されます!

 

ベッチャー祭りのホームページでも「奇祭」と書かれてある通り、

鬼神「ソバ」「ベタ」「ショーキー」が神輿とともに市内を練り歩き、

子供たちを追い回し、頭をたたいたり身体を突いたりします。

 

たたかれた子供たちは、1年間の無病息災が約束される、ということで

大人たちは率先して子供を差し出そうとするけれども、

子供は泣き叫ぶ、という光景が、毎年のようにテレビに映し出されます。

ホームページを拝見すると、子宝に恵まれる、という話もあるので、

お母様が祝棒で突かれても良いのでしょうかね。

 

ただ、上記のような練り歩きがあるのは11月3日となります。

1日は御神輿、2日は大祭式典となりますね。

 

ちなみに、本祭りは、尾道市東土堂町の一宮神社(吉備津彦神社)のお祭りです。

その歴史は結構古く、今から200年ほど前、

1807年尾道市内に疫病が流行した折、

病魔退散のお祓いを行なったことが、起源となっています。

 

と言いながらも、実は私は、この祭りを見に行ったことがありません。

以前勤めていた会社が、祭日は休日でなかった、ということも大きな要因ですね。

 

私は、残念ながら、1日、2日は行くことができませんが、

11月3日(祭)に行ってみようと思います!

その際には、写真を撮ってきたいですね!!

 

【11月6日追記】

ベッチャー祭りに行ってきました!

その様子は、こちらですよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA