中国やまなみ街道近くの「山へ行こう!」(2) -ハイキングの方も、健脚の方も【三瓶山】はいかがでしょうか?-




中国やまなみ街道から自動車で約1時間の場所にある

 

三瓶山】のご紹介、の続きです。

 

こちらは比較的、本格的なコースでしょうか。

男三瓶はじめ、子三瓶、孫三瓶、室の内池のコースです。

 

女三瓶山以降の道は、そこそこハードです。

 

まずは、女三瓶から男三瓶への道です。

 

所要時間は約1時間なので

それ程時間はかからないのですが、一部の道が急です。

 

ロープ伝いの道があったり、岩だらけの道があります。

しっかりした靴はもちろんのこと、

岩場に手をかけるため手袋もあったら良いかもしれません。

このようなコースであることを踏まえたうえで、

登るかどうかをご判断下さい。

IMG_8580 IMG_8586

 

上記のような、結構険しい箇所を含む道を 1時間くらい歩くと、

頂上付近の山小屋が見えてきます。

IMG_8596 IMG_8598

さらに進むと、広い頂上のスペースが現れてきます。

男三瓶山の標高は 1126mで、三瓶山最高峰ですね。

IMG_8605

IMG_8636

 

私が登った日は少し霞んでいましたが、東北側に日本海が見えました!

真ん中右寄りが出雲平野、その左が日本海ですね。

山並みが見える風景も良いですが、海が見える風景も良いですねぇ。

急な道を登った後は、このような絶景が広がるわけです。

IMG_8620

 

北側を見ても、海が見えます。

IMG_8614

 

西側を見ると、子三瓶、孫三瓶なども見えますね。

IMG_8638

 

南の下側を見ると、火口跡である「室の内池」があります。

その遠くにある山並みも絶景だと思いませんか?

(頂上スペースから少しだけ移動したら、下の方が見えます)

IMG_8590



しばらく頂上で佇んだ後は、上記「室の内池」に向かってみます。

子三瓶、孫三瓶に登る、というコースもありますが、

かなり昔に登ったこともあるので「室の内池」コースを選びました。

 

さて、男三瓶という三瓶山最高峰の頂上に登ったということは、

その分、降って行かなくてはなりませんね。

 

写真ではそれ程でもないように見えますが、

林の中を延々と下っていくという感じで、完全に膝が笑いました。

詳しくは覚えていませんが、多分、30分程度、急な道を降り続けました。

繰り返しになりますが、しっかりした靴、手袋などあった方が良いかも、です。

(手袋に言及しているのは、、手で岩をつかみながら降りた方が安全だからです)

IMG_8643 IMG_8644

 

結構歩いた後、室の内池に着きます。

1ヘクタール以上の面積があり、水深は2m以下、という池です。

室の内池に降り立つと、周りは山で囲まれています。

携帯電話は、圏外でした。(山頂は携帯電話圏内です)

IMG_8652

この池辺りで少し休憩した後は、リフトへ向かい、再び道を登っていきます。

30分くらいかかったでしょうか。

そうすると、前回書かせて頂いた大平山の麓に出てきます。

そして少しだけ歩くと、リフト乗場となります。

 

振り返ってみると、リフトで山腹に登り、

女三瓶→男三瓶→室の内池→大平山の前→リフト

というコースをたどったのですが、所要時間:3時間半くらいかかったと思います。

 

女三瓶以降の道は、なかなかハードな道ですが、

山頂からの日本海、山並み、雲海の眺めは絶景でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA