Yoichiの意識探究と趣味の日記

広島のヘミシンク・ファシリテーターYoichiのブログ

インドの哲学者によって提唱された「プラウト」理論 (1) -資本主義を超えた世界を模索する-

time 2015/09/23

今回は、

インド哲学者により提唱された社会・経済理論についてご紹介させて頂きます。

 

それは「プラウト」という考え方です。

プラウトは、インドの哲学者サーカーによって提唱され、

弟子であるダダ・マヘシュヴァラナンダ達によって発展されてきた理論です。

 

プラウトのことを「進歩的活用理論」とも言うようですね。

実は経済学に留まらず、教育、政治などの広い範囲を扱う理論だったりします。

 

さて「プラウト」思想を元にした次代の経済社会を模索する本

資本主義を超えてについて紹介させて頂きます。

 

 

情報量が満載ということもあり、

この中から印象的な点、大いに同意できる点を、一部ピックアップしましょう。

 

まずはプラウトについて。

プラウトは、無限の幸せの状態に向かう活動と表現だけが、

進歩とみなされるべきである、と提起する。たとえば、全ての

人に生活の最低限の必要を保障することは、集合的な心の

平安を保証する。生活に基本的に必要なものを稼得する機会を

人々に提供する経済だけが、進歩的とみなすことができる。

家賃や家族の教育費と医療費を心配する必要がないときに、

人々のより高い資質の発達が可能になる。(P.46。一部削除箇所有)

 

そして、プラウトが必要とすること=最低限の生活必需品について。

プラウトが第一に必要とすることは、

あらゆる人の最低限の生活必需品を保障することである。

すなわち、5つの最低限の必需品として以下のものがある。

①食料(飲料水含む)

②衣服 

③住居(下水、エネルギー含む) 

④医療 

⑤教育

の5つである。(P.58)

 

完全に同意します。

 

現代日本では全てを保障し切れていないと思われますので、

文化的な最低限の生活を行うことこそが、政治・経済の役割ですね!

 

それでは、プラウト経済での生産形態などはどうなるのか?

そちらについては、次回に書かせて頂きます。

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

YAHOO!

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930