手塚治虫氏の漫画に会える「手塚治虫記念館」は宝塚市にあります。

 

先日まで、手塚治虫氏の漫画(Kindle)について紹介させて頂いてきました。

そして本日は手塚治虫記念館」についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

手塚治虫記念館は、兵庫県宝塚市にあります。

手塚氏が5歳から24歳までの約20年間を過ごされた街です。

宝塚市へは、阪急、JRなどを利用して

大阪、神戸などから手軽に行くことができます。

通勤などにも便利な街なのでしょうね。

市内には多くのマンションが建っています。

 

阪急宝塚駅から宝塚大劇場、手塚治虫記念館、宝塚温泉などがある

1.8kmほどの区間宝塚観光プロムナードと呼んでいるようで

綺麗に整備されています。

IMG_7694

 

こちらは「花のみち」です。

宝塚駅から宝塚大劇場へ至る道です。

綺麗な街並みです。

IMG_7702

IMG_7700

IMG_7704

こちらが、宝塚大劇場バウホールです。

IMG_7705

 

さて、ようやくですが。

こちらが「手塚治虫記念館」です。

駅から「花のみち」を通り、宝塚大劇場を通り過ぎた先にあります。

駅からは数百mといったところです。

IMG_7709

IMG_7711

IMG_7714

記念館では、「火の鳥」の像が出迎えてくれます。

当日は曇っていたので、少し暗いですね。

IMG_7713

 

手塚治虫記念館では

このような、未来を彷彿させるようなカプセル状のケース内に

貴重な漫画原稿、漫画冊子などが展示されています。

IMG_7720

実は常設展では写真撮影OKなのですが!

ブログへの掲示は控えておきます・・・

 

こちらには掲載しませんが、

鉄腕アトム、ジャングル大帝、ブラックジャック、火の鳥、

ブッダ等々の原稿展示には感動しました!

実際に漫画を読んでみたうえで記念館に行くと

より一層感動も増しますね。

 

またこれら展示から、手塚氏は学生時代に演劇にも凝っていたり

宝塚歌劇からも影響を受けていることが分かりました。

 

そして館内には、手塚氏の作品群が年表式に掲示されているのですが、

とにかく作品群が膨大です!

週に3本連載されていた時期もあるようですね。

その多くの作品群が、後に続く多くの漫画家にも影響を与えた、

ということで、計り知れない業績かと思います。

 

館内展示について、もう一つだけ掲載します。

館内にはジャングル大帝像もありました。

IMG_7716

 

今回は、ほとんど手塚治虫先生オタクの記事でしたね。

まあ、時には良いかな、と思います。

 

☆厳選のおすすめ漫画についてまとめてみました。

・【おすすめ漫画】のリンクはこちらです!

・【個々のおすすめ漫画】についてのリンクはこちらです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA