仏教3.0というコンセプト -アップデートする仏教、青空としてのわたし、一法庵体験-

たまたま本屋を歩いていて見つけたのが、山下良道さんと

藤田一照さんの本「アップデートする仏教」という本でした。

この本の内容を簡単に説明すると、

日本の仏教(曹洞宗)とテーラワーダ仏教(上座部仏教)の両方の

修業を行ってきた著者達が、これらを総合した「仏教3.0」を

提唱し実行されている、というものです。

 

日本の仏教(曹洞宗)も、テーラワーダ仏教(上座部仏教)も止めることなく

「総合する」 という点がポイントで、この点から「差し替え」ではなく

「アップデート(更新、追加、修正)する」となったということですね。

 

「日々、あれやこれやと考えている思い(シンキング・マインド)」が

煩悩などを消そうとするから無理がある。シンキング・マインドではない

「青空」が煩悩を見つめることが大切ではないか、ということに気づき、

このためのメソッドを開発、普及活動をされています。

 

さらに言うと。

 

上記の本は対談本となっているため、

著者たちの経歴や思いなどについてよくわかりますが、

上記の理論面などをさらに深く知りたい場合は、

さらに山下良道さんの本「青空としてのわたし」を読むといいかなと思います。

山下良道さんの修行過程、上記理論などがより詳しく述べられています。

 

理論面はここで紹介しましたが、

そのメソッドまで紹介するのはどうかと思いますので、ここまでとします。

 

さて。

 

私は以前、山下良道さんが主宰する「一法庵」での

土曜早朝座禅会にも参加させて頂いたことがあります。

 

山下さんのホームページはこちらで、さらにはFaceBookにも

いろいろと情報を掲載されているようです。

また座禅会の最中の雑談時間中に、パソコンを取り出されて

写真をお見せになるなど、現代のお坊さんだな、と思いました。

 

朝、7:20までに鎌倉の稲村ケ崎に集合し、

海岸、一法庵の中でじっくりと座禅を行います。

座るだけでなく、歩いたり、立ったままの禅も行います。

そして身体の感覚をつけるため、朝の座禅会だけでなく、

ヨーガにも参加されるよう、山下良道さんは推奨されていました。

 

こちらは、稲村ケ崎の景色です。

あまり良い写真でなくてすみません。

片方を向くと山と町並み、もう片方が海、真ん中に鉄道が通っているという、

少しばかり尾道に通じる風景です。サーファーが結構いらっしゃいましたよ。

IMG_5331 IMG_5338

 

さて、土曜早朝座禅会では・・

合計で2時間くらい禅をしていましたでしょうか。

 

全面的に私が悪い(たるんでいた)のですが・・・

 

慣れていなくて足が痛くなったり、初めてなので周りの様子を

伺ったりで、ちょっと集中が足りなかったです・・

まだまだ1回目なので、2回目、3回目を行ってみたいですね。

すみません、中途半端なことを書いて。

 

まだまだ私が知らない、興味深い取組みがあるものです。

楽しいし、面白いですねぇ。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ

にほんブログ村

瞑想 ブログランキングへ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA