Yoichiの意識探究と趣味の日記

広島のヘミシンク・ファシリテーターYoichiのブログ

ユングFOR BEGINNERS -おすすめのユング解説本-

time 2015/05/05

 

今日は、分析心理学の祖

ユングの本について紹介したいと思います。

 

ユングの本というと、ユング自身の「自我と無意識」や河合隼雄氏の「ユング

心理学入門」が定番ですが、それでも少し敷居が高く、少々分かりにくいとい

うことがあるかもしれません。私も何冊か読んでいて、スッと入ってこない部分

があり、大学授業などで補足してきたのは、前述のとおりです。

 

まあ、大学授業を受けるのは、少々ハードルが高いかな、という部分もありま

すので。。。

 

そのような中、かなり体系的にまとまっていてわかりやすいな、と思った本に

ユング (FOR BEGINNERSシリーズ)」があります。

この本は、書店で偶然に見つけました。

目次、および気になる章を少し読んでみて、私に合いそうだなと思って

購入した本です。この本の著者である大住誠さんは、臨床心理士であり、

高校教諭であり僧侶でもある、という個性的な肩書をお持ちの方のよう

です。この方のことを知っていてこの本を選んだのではなく、この本を

選んだ後にこの方のことを知った、というパターンでした。

 

さて、この本の構成ですが、大きく分けて3つの構成となっています。

・ 深層心理学の全体像

・ユングの生涯

・ユングの思想 

 

そして中でも、「ユングの思想」の章が分かりやすいと思います。

ユングの思想の章は、リビドー(本能)論、性格タイプ論、元型・個性化

論などで成り立っていますが、その中でも、性格タイプ論と元型・個性化

論が分かりやすくまとまっていると思います。

 

ここで、各々の印象的な記述について述べてみます。

 

まずは性格タイプ論について。

 

ユングは、性格を、思考、感情、感覚、直観型の4分野に分けました。

そして、性格を分類した後、意識と無意識の補償性の大切さ、

具体的には「主機能、補助機能、劣等機能を意識化していく」という

統合化の過程について分かりやすく記述しているな、と思います。

 

そして、元型・個性化論について。

 

50ページくらいをさいて、ペルソナ、コンプレックス、影(シャドー)、

元型、例としてアニマ、アニムスなどが具体例とともに分かりやすく説明

してあります。

 

一般的に、新しい分野を学ぶ場合、(1)全体を俯瞰できるような書物に

れる、(2)その中で気になった人の入門的な本を読み、全体像を把握する、

(3)気になる人の著作を何冊か読む、というように全体から細部に至る

ことで深めていきます。(実は、私の場合、心理学を学ぶ際、自分の興味の

赴くままに学んできた面があるので、ちょっと異例なのですが・・・ここでは

一般論で話したいと思います。)

 

今回紹介した本は、「(2)気になる人の全体像把握に適した本ではないか」

と思います。「ユングの全体俯瞰、基本的な思想のおさらい」という意味で

良いのではないかと思います。

 

 

☆【ユング・深層心理学】関連の記事を書かせて頂いています。
 よろしければご覧ください!

関連記事(カテゴリー)へのリンクはこちらです!


☆【心理学】関連(=全般)の記事も書かせて頂いています。

 よろしければご覧ください!

関連記事(カテゴリー)へのリンクはこちらです!

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

YAHOO!

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031