4月下旬~ゴールデンウィーク(GW)にはお祭りに行こう!  -広島県のお祭り-

 

4月下旬~ゴールデンウィークには、全国的にお祭りが開催されますね。

広島県でも、いくつかお祭りが開催されますが、その中の2つについて紹介します!

 

まず1つ目は、尾道みなと祭です。

 

尾道みなと祭は、尾道発展の礎となった尾道開港の恩人である平山角左衛門の功績を称え、

尾道のさらなる発展を祈念して、1935年より開催されました(港まつりのホームページより抜粋)。

平山氏は、1741年頃活躍されていたということで、江戸時代の人ですね。

 

2015年は、5月2日(土)、3日(日)に開催されます。

 

注:尾道港まつりは、年毎に開催日が異なります。GWに開催されない年もあるため、ご注意ください。

 

尾道市の市街地付近の施設、広場、商店街を使用して、「ええじゃんSANSA・がり」という創作踊りやパレード、神輿などの催しが開催されます。

 

皆さんがイメージされているとおり、尾道市は、坂と港の街です。

駐車場がかなり少ないですし、数少ない駐車場は、結構料金が高いのですよ。

みなと祭当日は、市街地北部の学校のグラウンドが臨時駐車場になるようですが、合計300台程度のキャパシティなので、公共交通機関を利用した方がいいのかな、と思います。

具体的には、JRやバスを利用した方がいいということですね。

 

ちなみに、新幹線の新尾道駅は、尾道市市街地から5kmくらい北になるため、市街地まで歩くことは不可能です。

 

【追記】2015年のみなと祭は、GW真っ只中に開催されました。その後の年は、4月20日頃開催されているようです。

 

次は、広島市のフラワーフェスティバルです。

 

ひろしまフラワーフェスティバルは1977年に始まりました。

例年、5月3,4,5日の3日間開催されます。

例年、博多どんたくに次いで、全国2番目くらいの人出になるというゴールデンウィークを代表するお祭りと言えるでしょう。

 

ホームページによると、フラワーフェスティバルのテーマは、次の3つです。

・広島を花と緑と音楽のあふれる都市にしよう

・広島に生きることのすばらしさと尊さを、参加者みんなで分ち合おう

・広島から世界へ、豊かな生活文化と、温かい人間関係の交流を呼び

 かけよう

 

祭りは、各種団体によるパレード、ゲスト歌手などによるステージ、ひろばでの催し、きんさいYOSAKOIという演舞などが行われます。

 

昨年夏に観た、本場高知のよさこい祭りの演舞が、生命力、エネルギーに満ち溢れて大変に良かったので、フラワーフェスティバルの「きんさいYOSAKOI」も良さそうですね。

 

交通機関はすごく混み合います。

 

多分、公共交通機関、自家用車、何を使っても混んでいると思います。移動の時間帯をずらすことくらいしか、混雑を避ける手は無いのかもしれません。

 

今回は、間近に迫った「ゴールデンウィークのお祭り」のうち2つをピックアップしました。

 

さて。

 

今後、広島県内では、種々のお祭りが開催されます。

 

広島三大祭と呼ばれる

とうかさん(6月5,6,7日)

すみよしさん(7月10,11日頃?)

えびす講(11月18,19,20日)

※いずれも、2015年の日程です。

 

日本三大川祭・船祭り・船神事と言われる

宮島の管絃祭(8月1日)

 

その他、各種花火大会など、様々なお祭り、行事があります。

 

昨年夏に、高知のよさこい祭り、徳島の阿波おどりを観に行って以来、再び、日本全国、いや世界中の祭りへの興味が湧き上がってきました。

今年もいろいろと行ってみたいな、と思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA