Yoichiの意識探究と趣味の日記

広島のヘミシンク・ファシリテーターYoichiのブログ

問題解決の瞑想法「フォーカシング」を体験しました!

time 2015/03/30

 

瞑想についてずっと興味を持ち、いろいろな機会で実修してきました。

具体的には、ヨーガの瞑想、気功の瞑想(立禅)、呼吸法(瞑想的な段階

あります)、座禅(会社の研修で実修)、気付きの瞑想などを経験してきまし

た。ヨーガ、立禅、呼吸法の3つの瞑想は、それぞれ何年間か実修してきまし

たので、そこそこ本格的に経験してきたと言えるかもしれません。

 

また、一般的なヘミシンクと瞑想では異なる技法を用いるのですが、ヘミシン

に誘導瞑想の手法を使ったり、フォーカス15などは瞑想状態そのもの

言えるわけで、ヘミシンクと瞑想は極めて隣接した領域と言えると思います。

 

今日は、瞑想について書いてみます。

 

先日、フォーカシング瞑想を行ってきました。

yoga-657051_640

瞑想には、ざっくりと言って、

A) 対象物に集中後、放下することで深い境地に入る瞑想(ヨーガ、座禅等)

B) 時間を取って座ることもするが、基本的は行住坐臥「自分に気づく」瞑想

C) 問題解決などの目的を持って行う瞑想(誘導催眠、心理療法など)

の3種類あるのではないかと思いますが、今回体験したフォーカシング瞑想は、

C) の目的を持って行う瞑想になるかと思います。

 

さて、フォーカシングの方法ですが内面を観察することで、心に感じられた

「実感」にふれ、そこから意味を見出す、という手法であり、臨床心理学者

のユージン・ジェンドリンによって開発されたものです。

 

そして今回行ったのは、心理療法的にマンツーマンで行うのではなく、

グループセミナーで誘導瞑想を用いた「フォーカシング瞑想」でした。

 

さて、どんな感じだったかというと。

 

誘導瞑想でリラックスしていくのですが、上手な方に誘導されると、ヘミシンク

同様、かなり深いところまで入ることができます。完全にリラックスし顕在意

がおとなしくなり、潜在意識にアクセスできる状態を作り出したのちに、身体

な違和感を観察します。

 

私の場合、リラックスしたときや深く入り込んだときに(常時ではありませんが)、

胸のあたりに違和感というか、突っかかったもの、気が流れにくいと感じること

があります。今回もそれを感じたので、その部分とじっくり対話してみました。

(対話する、とは、違和感を第三者的なものに見立て、イメージで話すことです)

 

この違和感を感じるようになったのは、会社員生活において、上司と部下の間の

立場(役職)となり、組織にがっちりと組み込まれたな、と感じ始めた頃からです。

このセミナー中でも感情の抑制などから胸に違和感を感じる人は極めて多い、

とのコメントを頂き、そりゃそうだなあ、と得心しました。

 

この違和感は、古くから結構な期間をかけて積み上げたものなので、その場で

すぐ取れたわけではありません。今までヘミシンクにてリリース&リチャージなど

を実修することでかなり解放されたけれども、完全に取れ切れていない感じがし

ていました。

 

今回、違和感に焦点を当てるという方法を試してみて、案の定、古くからのこの

感覚が確実に再現されました。これから1ヶ月くらい、じっくりと向き合ってみたい

(今回と同様のことを自宅で実修)と思います。

 

光を当てるイメージなどを使わず、じっくりと対話する、というやり方をすると

いうことで、この辺りはヘミシンクと異なるアプローチかと思います。

じっくり時間をかけるという感じでしょうか。郷に入れば郷に従え、というわけ

で、この考え方に合わせて、しばらくじっくりと向き合いたいと思います。

 

今回のセミナーは、このような感じですが、また今後、その他の瞑想経験に

ついてもブログにアップしたいと思います。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

Yoichi Tsugani

ヘミシンク・ファシリテーターの津蟹です。よろしくお願いいたします! [詳細]

YAHOO!

おすすめヘミシンクCD



sponsored link

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031