ヘミシンクをもっと知りたい方に!

 

ヘミシンクの書籍を紐解いてみられるのはいかがでしょうか?

おすすめの書籍をご紹介します。

まずは、坂本政道さんの本です。多くの本を出版されており、どれもおすすめなのですが、厳選して5冊をご紹介します。

 

覚醒への旅路―人はどこから来てどこへ向かうのか

 

2015年の書籍です。ヘミシンク体験が総合的にまとめられていて、初めてヘミシンクに触れる人におすすめですよ。

 

増補改訂版 「臨死体験」を超える死後体験

 

2003年に出版され、一大センセーションを巻き起こした本、「死後体験」増補改訂し出版されました。

初めての宿泊セミナー:ゲートウェイヴォエッジでの体験記、セミナー受講後、自宅での様々な体験が語られています。貴重な資料だと思います。

 

ETコンタクト─ 宇宙人/UFOとの遭遇は始まっている

 

2017年に出版されました。近年、「ETコンタクト」や「コスミックヴィジョン」などの宇宙系・ET系のセミナーが人気を博しています。セミナーの予復習にもなりますし、興味深いですよ。

 

バシャール×坂本政道 人類、その起源と未来

 

2009年発売なので、もう10年近く前に出版されました。あのバシャールと坂本さんが対話されています。アセンションの仕組みなど興味深い話題が展開されていて、私も大好きな本です。

 

坂本政道 ベールを脱いだ日本古代史

 

異色の本。

とは言え、実は坂本さんは歴史好きです。縄文末期~大和朝廷の時代まで、高次意識トートとの交信も交えながら、謎解きに挑みます。私的には納得の結末!

 

続いて、芝根秀和(ひで)さんの本

 

あきらめない! ヘミシンク

 

なかなかヘミシンク体験を得られなかったひでさんが、様々な工夫をすることでブレークしました。ヘミシンクを聴くコツがよく分かりますよ。

 

そして、モンロー研関係の本です。

 

「死後探索」シリーズ 1 未知への旅立ち

 

日本でもお馴染みのブルース・モーエンのモンロー研体験記です。全4作あります。こちらに掲示しているのは、第1作ですが、私は特に第3作【純粋な無条件の愛】が気に入っています。

 

宇宙への体外離脱―ロバート・モンローとの次元を超えた旅

 

モンロー研初期の頃、ロバートモンローと共に数々の研究を行ったロザリンド・マクナイトによる、貴重な貴重な記録です。

「魂の旅」とともに超おすすめですよ!

 

究極の旅―体外離脱者モンロー氏の最後の冒険

 

モンロー研設立者のロバートモンローの本。最後の作品です。

何で設立者の本が最後になっているかと言うと・・・少しばかり読みにくいからです。内容は面白くて貴重なのですが、フォーカスに沿って体験が書かれているわけでは無く、初見の概念も出てきますので・・・他の本を読まれてから紐解いてみられるのが良いかと思います。

 

以上です。

ぜひ、手に取ってご覧になってください!